キャリア

グローバル人材目指すならACT HOUSE!(アクトハウス)IT留学×英語×ビジネス!

グローバル人材目指すならACT HOUSE(アクトハウス)
ポン
ポン
こんにちは、ポンです。
今日はプログラミングだけでなく英語、さらにはビジネスまで学ぼうという超盛りだくさんのサービスACT HOUSEについてご紹介します。フリーランスエンジニアを目指す方は「英語」「デザイン」「ビジネス経験」などがあると掛け算で評価が上がるので要チェックです!

ACT HOUSEとは

【ACT HOUSE】は株式会社カグラが運営する「IT留学」×「英語」×「ビジネス」をテーマにしたサービス。株式会社カグラでは他に「法人・団体向け海外研修コンテンツ」「Webサイト制作」「システム開発」「アプリ開発」「業務支援」「荷物一時預かり」などの事業を行っている。

ACT HOUSE自体は2013年に設立されフィリピン・セブ島を拠点としている。育成目標は「プログラミングと英語」の知見を持ちつつも、ユーザー体験と共感を呼び寄せる「ビジネスとデザイン」の視点も備えたゼネラリスト。6ヶ月コースは138万円(税別)。

ACT HOUSE
https://acthouse.net/

株式会社カグラ
https://cagra.jp/

ACT HOUSEの3大テーマ

・「プログラミング×デザイン」

・「英語×海外留学」

・「ビジネス×マーケティング×起業」

・「プログラミング×デザイン」

ACT HOUSEではプログラミング講座として基礎であるHTML・CSSから入りJavaScriptとPHP、jQuery/Git/エディタ/開発環境を学部ことが出来ます。さらにイラストレーターとフォトショップ、WebデザインやUI/UXなどのデザイン面も学ぶことができるため(期間によりますが)プログラミングとデザインの両面を学ぶことが出来ます。

・「英語×海外留学」

ACT HOUSEでは英語のレッスンを「スピーキング」「ライティング」「リスニング」「リーディング」の4つの軸で展開し、完全個室のマンツーマン方式です。グループレッスンやプレゼンテーションの講義もあるためスキルアップに役立つとのこと。

ちなみに余談ですが私はセブ島に4日間くらい行ったことがあります。秋頃に行き日本ではコートが必要でしたが、セブでは基本的に半袖で(セブは平均気温26.5℃だそうです)過ごせて、治安もよく食べ物もBBQがデフォルトなので基本的に美味しく食べれました。10ヶ国以上経験した私からすると、控えめに言ってめちゃくちゃ良い国でしたので特に寒いのが苦手な方は冬期に行くことをオススメします(笑)

・「ビジネス×マーケティング×起業」

ACT HOUSEではプログラミングと英語だけではなくビジネス講座も開講しています。「マーケティング/SNS/WEB広告/SEO/SNS/ブログ/ライティング」や「起業/経営/財務」などまで。
最初は留学中にカリキュラム盛り込みすぎでは…とは思いましたが実際にはプログラミングと英語を学び、それをビジネスとしてどの様に活かしていくかという流れが出来ているようです。3つを並列に知識として学ぶと混乱しそうですが、学んだプログラミングと英語を手段として活用し目的であるビジネスを行っていくという流れは素晴らしいと思います。

ACT HOUSEのメリットや特徴とは

ACT HOUSEでメジャーな6ヶ月コースのメリットや特徴は以下の通りです。

・環境は海外、専門的な授業は日本語という良いとこ取り

・技術や知識だけでなくそれを活かす思考、発想も磨ける

・6ヶ月という中期的な視点で成長できる

・環境は海外、専門的な授業は日本語という良いとこ取り

ACT HOUSEの魅力は海外で学べるという環境です。とくにセブ島ではほぼすべての人が英語を喋ることができ、温和で親日的ですので日常生活をしているだけでも英語のレベルを高めることができます。またプログラミングやビジネスの授業自体は日本語で行われるため、専門的な内容もしっかりと学ぶことが出来るでしょう。
生活をするコンドミニアムではネット回線はもちろんスポーツ用の設備なども充実しており集中して学習に励むことができそうです。

・技術や知識だけでなくそれを活かす思考、発想も磨ける

ACT HOUSEでは単にプログラミングや英語のスキルを磨くだけでなく、それをどの様に活用してビジネスやサービスを作っていくかということまで考えます。
コースの後半では「起業」「本物の案件」「メディア企画・制作」「セブ島でイベント企画・開催」の中から選択してチャレンジする「4つの実践カリキュラム」に取り組むことができます。ビジネス経験は失敗して当たり前ですので思いっきり取り組み多くのことを吸収することでより成長できるでしょう。

・6ヶ月という中期的な視点で成長できる

ACT HOUSEでは日中にレッスン、夕方以降は自習という形式で1日の生活パターンが決まっています。6ヶ月間決まった生活サイクルを行うことで、意志の弱い人でも自身のパフォーマンスの向上が図れそうです。平日はレッスン、休日は自習+リフレッシュのサイクルを確立してガンガン学びましょう!

気になるACT HOUSEの評判や口コミは

ACT HOUSEの評価や口コミですが、「結構良い」です。まずはプラス方面については6ヶ月間でしっかりと学習することができそのままセブ島で仕事をしている方や、フリーランスとして独立している方のキラキラとしたブログやSNSが多くあります。「受講してよかった!」という声が多めです。

一方でマイナス方面の評判としては「自習が必要」や「英語はビジネスレベルにならない」という声もあります。自習に関しては公式サイトでもマストであると掲載しています。必要だったら自習をする、のではなく必ず自習をして学びを深めていく、という認識でないと言ってからギャップに苦しみそうです。

また英語に関しては平日の場合ですと英会話のレッスンは50分×2です。休日も必ず使う場面などは少ないので日本語で済まそうと思えば極力済んでしまうでしょう。この辺はセブ島にいることを活かして積極的に外出・交流して英語を使うのか、半年間なるべく日本語で過ごすかで全く学びのレベルが変わってくるので人によるかと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。
プログラミング、英語、ビジネスを一気に学ぶことが出来るACT HOUSE。まとまった期間海外で過ごすことは勇気が必要ですが、一歩踏み出してしまえば意外と簡単です。将来的に英語とプログラミングスキルはどんどん需要が高まってくると思いますので、フリーランスエンジニアを目指す方はぜひ個別相談に行ってみてください!
それでは!