キャリア

Aidemy(アイデミー)!独学で学ぶAIプログラミング学習の強い味方

AI学習のAidemyアイデミー
ポン
ポン
こんにちは、ポンです。

今日はAIプログラミング学習サービス「Aidemy」について紹介します!

Aidemyって何?

「Aidemyってなに?」という方もいらっしゃると思いますが、AidemyはAIプログラミング学習サービスです。

公式ページ:https://aidemy.net/

自然言語処理やディープラーニングなどの分野について学ぶことができるサービスです。まずは自然言語処理とディープラーニングについてサクッとご説明いたします。

自然言語処理とは?

私達が普段使っている言葉をコンピュータに処理してもらうための技術です。ものすごく簡単言うとスマホで文字入力する際に文章を打った際に、どの文字がどの単語か全体でどんな文章になっているのかなどを、人工知能(AI)を用いて判断・処理する仕組みです。

ディープラーニングとは?

機械にデータを多く学ばせることで、認識と推論処理を導くことです。

例えばFBを使ったことがある人なら経験があると思うのですが、写真をアップロードした際にFBが自動で判断して「一緒にいる人:○○さん」みたいな提案をしてくることがあります。これはFBの活用するAIが投稿された写真を読み込んだ際に自動で友達の中から該当する(と思われる一番近い人物)を提案してきます。ちなみに個人的には精度はまあまあだと思います(笑)

実際に使ってみた!Aidemyを使うメリット

さっそく使ってみて良かった点をいくつか紹介していきます。

サービス自体は無料で始めることができる

Aidemyは無料会員登録を行うことでサービスの1部を使うことができます。「Python入門」「機械学習入門」「ディープラーニング基礎」「ブロックチェーン基礎」は無料で開始することができるのでこれから始める人はとりあえず登録してみることをオススメします。

環境構築の必要がない

これは以前に紹介したProgate(プロゲート)同様、ブラウザ上で全てが完結するために自分でわざわざ環境構築をする手間はかかりません。初心者の方だとここで躓いてしまってそもそもスタートできないこともあるので嬉しいですね。

未経験や初心者でも簡単に使える!

Pythonの基礎・基本から教えてくれる上に実際に手を動かしながらコードを書いていくという流れで学べるので未経験者でも簡単に始めることができます。コースを進めるに連れてどんどん内容が充実してくのである程度プログラミングに慣れた初級・中級者の方にもオススメできるサービスです。

一度受講した講座は半永久的に復習ができる

Aidemyではチケットを使用または課金して受講した講座はアカウントがある限りずっと復習が可能です。言語によってはしばらく使っておらず忘れたりうろ覚えになったりすることもあるのでいつでも復習できる環境というのはありがたいですね。

解説のための図解や画像が分かりやすい

難しい言葉が並びがちな中でAidemyは多くの図解や画像が表示されて文章だけでなく視覚的に学ぶことができます。さらに実際にコードを書いた際に間違えている部分を表示してくれるのでどこにミスが有るのかにも気づきやすい設定となっています。

受講コースも様々!

少し多いのですが、Aidemyで学べるものを挙げてみましょう。

日本テキストのトピック抽出、深層学習の時系列分析、機械学習におけるデータ前処理、スクラッチ実装して理論を体得する強化学習、自然言語処理を用いた質問応答、深層強化学習発展、NumPyを用いた数値計算、Pandasを用いたデータ処理、Matplotlibによるデータの可視化、データクレンジング、教師あり学習(回帰)、教師あり学習(分類)、教師なし学習、ブロックチェーン発展Ⅰ、ブロックチェーン発展Ⅱ、ブロックチェーン発展Ⅲ、自然言語処理基礎、時系列解析、CNNを用いた画像認識、Cognitive Toolkit(CNTK)実践、異常検知入門、ネットワーク分析入門、ランキング学習

があります。

今話題のブロックチェーンも学べます!

今話題のブロックチェーン技術について学べる講座があるのは嬉しいですね!ちなみに基礎で確認したところ言語はPythonでしたのでDappsやERC20などに必要なEthereum(イーサリアム)を動かすためのSolidityはまだ学べないようです。ただブロックチェーン関連の口座があるプログラミング学習サービスはまだまだ少ないので興味のある人はぜひレッスンを取ってみると良いでしょう。

ガッツリ学習予定ならお得なPremium(プレミアムプラン)も

AidemyではPremium(以下、プレミアム)プランというものもあります。プレミアムプランは全部で4種類。

4週間、8週間、12週間、16週間のタイプが有りそれぞれ最大メンタリングの回数も期間が伸びるに連れて増えていきます。こちらは経験者の方の話をまとめてみると、自身の目的に沿ってメンタリングが行われ、効果を最大限引き出せるよう集中してプログラミングに取り組むことができるため非常に満足度が高いようです。学生さんの場合は割引もあるので短期で集中して取り組むならアリかもしれませんね!

Aidemyの運営会社は株式会社アイデミー、代表は石川聡彦さん

Aidemyは株式会社アイデミーにより運営されています。CEOは石川聡彦(いしかわ あきひこ)さんで、2014年の6月に前身であるGoods株式会社が設立されて2017年7月に社名変更されて株式会社アイデミーとなりました。

最近資金調達した勢いのある会社

2018年の5月にはUTEC(東京大学エッジキャピタル)と9名の個人投資家達より9200万円を調達しました。
その資金は組織体制の強化、事業と学習コンテンツの拡大、海外展開へ当てていくということでこれからのサービス拡大に目が話せません。

Aidemyから公式教科書として書籍の出版も!

なんとAidemyは2018年の10月22日に「Pythonで動かして学ぶ!新しい深層学習の教科書 機械学習の基本から深層学習まで」という本を発売しています。AidemyのCEOである石川聡彦さんが書いています。
ちなみに2018年11月末現時点では5件中5件が評価満点なのでAidemyだけでなくPythonに興味がある方は要チェックです。

Pythonで動かして学ぶ!新しい深層学習の教科書 機械学習の基本から深層学習まで

VTuber「静谷 鳩(しずたに はと)」を活用したYouTube授業も展開!

AidemyではVTuberを活かした授業も行われています。講師はポリゴンマジック株式会社のVTuber「静谷 鳩(しずたに はと)」で、2014年にLINEスタンプとして登場しました。LINEスタンプは累計3万ダウンロード以上ですのでもしからしたスタンプとして見かけた方もいらっしゃるかもしれません(笑)
現在AidemyのYoutubeチャンネルでは2018年の11月現在で23件の静谷鳩の動画がアップされています。
動画の種類としては「Pythonとは」「人工知能と機械学習とは」「機械学習を行うフロー」など様々な内容が紹介されています。

株式会社アイデミー公式アカウント(YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCmk4-WrWHC-cirXlm4BN_aA/videos

ちなみに静谷鳩は罵倒系YouTuberとしてデビューしており、単体の動画としては以下から飛べます。

静谷鳩自己紹介(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=PNq_7dnzjOE&t=8s

Aidemyはユニークなblogや勉強会も

Aidemyでは自社blogを運営していますが、内容は結構変わっています。未経験者向けのプログラミングの勉強の仕方…などではなくAidemy研修生による「TinderAPIで女の子の顔写真を集めて、加工アリorナシを自動で判定してみた」「機械学習で乃木坂46を顔分析してみた」という機械学習を悪用した趣味丸出しの活かしたユニークな研究内容が載せられています。

また最近は開催されていませんが勉強会として「深層学習ハンズオン」も2017年は開催されていたようです。

AI人材に特化した転職イベント「Aidemy Career Match」も!

AidemyではAI人材に特化した転職イベント「Aidemy Career Match」も2018年の8月に開催し、30名の転職希望者とAI関連企業4社が参加したとのことです。今後に関しても開催していくようですのでAI事業に興味が有る方はこのイベントもチェックしておくことをオススメします。

過去には炎上案件も…

Aidemyは基本的にトレンドの技術を取り入れたり話題になるようなアプローチをしていますが、ちょっとやらかしてしまったこともあります。

主な原因は「Python入門」の教材の内容が間違っているという点です。詳しい間違いの内容は以下に載せるブログを見ていただければ分かると思いますが、人に教える立場である学習サイトで技術的なミスは致命的です。

気になるAidemyの評判や口コミは?

人気のAidemyですが評判や口コミなどについて確認していきましょう。

「AidemyとかUdemyもそうだけど、めっちゃ頭いい人が作った、ちょっと前だったら修士でやるような内容を学生でも買える値段で提供してるのは本当にすごいと思うな」

「progate ⇒ Aidemy この順番でやるとかなり勉強になる」

SNSでは基本的に好感の高いツイートが多く見られます。評判は良さそうです。
ただ過去には前述した通り入門編の内容の説明が間違えて杜撰だという指摘があったりもしました。その際も即修正対応を行っています。

「どうでもいいけど、AidemyはTwitterで指摘されたら速攻でなおしてるの逆に高感度上がるけどなぁ」

ただし中にはこんな声も。

「早速むずかしい。何?オブジェクト指向とかクラスとか。。 」

「Aidemyやってるが、とてもわかりづらい。 俺が悪いのか?そうなのか、、」

Twitterをみる限りでは未経験者がいきなりAidemyを始めると少しレベルが高いようです。もっと優しいProgateを経てからAidemyを始めるのがオススメの流れですね。

Aidemyはかなり使える!

メリットやコースなどについてまとめてきましたが、実際Aidemyはかなりオススメです。とにかく未経験者や初心者に優しい設計に加えて、AIという学習コストがかかりやすい分野について学ぶことができるのは非常に有意義です。さらにブロックチェーンも今後業界としては確実に伸びていく分野だと思っていますので、「AIエンジニア」や「ブロックチェーンエンジニア」として強みを持つことでよりフリーランスエンジニアとしての武器や長所を確立させて仕事を任されやすいエンジニアを目指しましょう!

ちなみに2018年のGitHubの月間アクティブユーザー比率では最近PythonがJavaを追い越し2位になるなど、言語としても人気が上がってきていますのでAIやブロックチェーンに興味が無い方も普通にPythonを学ぶのにAidemyはオススメです!