キャリア

フリーランスのブロックチェーンエンジニアになるには?

フリーランスのブロックチェーンエンジニアになる

こんにちは、ポンです。本日は今流行りのブロックチェーンエンジニアについてご紹介します。

昨年の仮想通貨のバブルで一気に広がった言葉ですが、今回はそのブロックチェーンの技術の需要などについて書きます。

そもそもブロックチェーンとは?

ブロックチェーンという言葉は日本語でいうと分散型台帳と説明されますが、これは分散型のデータベースに近いものです。サーバークライアント型とは異なりPeer-to-Peer(P2P)で管理されるため、単一障害点を持たずに誰でもブロックチェーンネットワークに参加することができます。

さらにブロックチェーンの代表であるビットコインではトランザクションの送金履歴を誰でも確認することができます。ただし送金や受け取りに必要なアドレス自体は誰でもすぐに作ることができるます。また、全てのトランザクションを確認することができるのでデータの不正改竄などができません。

高い透明性と匿名性、そして不正改竄への耐性などを持つ技術です。

ブロックチェーンエンジニアの種類

一口にブロックチェーンエンジニアと言ってもICOなどを行い新しいプロダクトとトークンを開発するエンジニアと、BitcoinやEthereumなどの既存のブロックチェーンの技術を利用してプライベートチェーンを使ってのアプリケーションやシステムを開発するエンジニアがあります。

ブロックチェーンエンジニアというと基本的には後者になるでしょう、案件として今後もどんどん増えていくと思います。

ブロックチェーンエンジニアの仕事

ブロックチェーンは現在世界的に注目されていますが、2009年に誕生したビットコイン以上の革命的なプロダクトはまだ出てきていません。ブロックチェーンは多くの機能性を持つため、様々なプロジェクトが立ち上がって資金調達を行いチャレンジしている最中です。

ブロックチェーンは性質上ダウンタイムが発生せずランニングコストも非常に安くまたトレーサビリティ(追跡可能性)にも優れているため、金融業界や物流業界などでも利用が広がりそうです。

今あるシステムをブロックチェーンを利用することで安くする、利便性を高めるなどの実装内容が増えていくでしょう。現在ではそもそもブロックチェーンでの実装自体がまだメジャーではないため、フリーランスの案件は多くないと思いますが今後より一般的になってきた際には仕事が多くなり外注も増えてフリーランスのブロックチェーンエンジニアの価値は高まると予想されます。

ブロックチェーンの勉強の仕方について

ブロックチェーンの技術に関しては基本を学ぶなら書籍で勉強するのが1番早いと思います。

・Mastering Bitcoin

ビットコインのシステムについて学ぶならまずはこの本。ブロックチェーンについての仕組みが分かります。WEBでpdf版も公開されています(https://bitcoinbook.info/wp-content/translations/ja/book.pdf)

・いちばんやさしいブロックチェーンの教本

そもそもブロックチェーンやビットコイン自体を知らない人にはこの本でブロックチェーン、アドレス、トランザクションなどの基本的な構造を学ぶと後の学習が楽になると思います。

・ブロックチェーンアプリケーション開発の教科書

スマートコントラクトについて学ぶのに日本語の書籍として最適な一冊です。EthereumのDappsを使うための言語Solidityについて学べます。ただし知識が有る前提ですので他の本などである程度勉強してから読むことをオススメします。

・ブロックチェーン・プラグラミング 仮想通貨入門

ビットコインのプログラミングについてまとめてある本ですRubyベースで書いてありますが体系的にまとめられているのでビットコインを使って何か作りたい人はぜひ。

ハッカソン(Hackathon)に行ってみよう!

実際にある程度知識を付けたらブロックチェーンのハッカソンに行くことをオススメします。ブロックチェーンを使ったシステムというと身構えてしまいがちですが、実際にチームでアイディアを出し合い協力してみんなでリアルなプロダクトを作る体験をすることでブロックチェーンへの抵抗が一気に少なくなります。

・オフチェーンアカデミーハックデー(Off-chain Academy Hackday)

ビットコインの2ndレイヤーで機能する「Lightning Network」に特化したハッカソン。

・Tokyo Bitcoin Hackathon

ビットコインよりも機能性を上昇させたビットコインキャッシュのハッカソン

 

などがあります。他にも東京では頻繁にミートアップなども開かれているため、気になる技術や仮想通貨などがあればイベントに出席してみると良いですよ。

ブロックチェーンエンジニアの年収は?

まだまだ新しい分野であるブロックチェーン。そのエンジニアの気になる年収ですが世界的にみるとかなり高いようです。求人事業を行うHiredによれば、世界的な年収としては1700万円以上というかなりの値段です。実際にニューヨークに本社を置くブロックチェーン企業、HYDROGENでは1300万円〜2200万円という募集を出しています

https://angel.co/hydrogen-3/jobs

日本ではそこまでハイランクの求人募集は見かけませんが、取引所などではブロックチェーンエンジニアを積極的に雇用しています。またブロックチェーンに取り組むベンチャー企業などでは常にブロックチェーンエンジニアを求めているので今後ブロックチェーンの技術が普及するに連れてますます需要が高まっていきそうです。

まとめ

仮想通貨のブームは一段落しましたが、世界を変えるテクノロジーとされるブロックチェーン。インターネット以来の発明とまでも言われる技術ですので、今後のブロックチェーンの普及を見据えて今からブロックチェーンエンジニアを目指すという手もおおいにアリだと思います!それでは!