キャリア

文系からフリーランスエンジニアを目指すには

文系からフリーランスエンジニア

こんにちは、ポンです。
今回は文系からフリーランスのエンジニアを目指す方のために必要なことや勉強の手順などをご紹介します。なんとなく大学を出たけど今のままで良いのか不安な方や、学校卒業からフリーターとして働いているけど漠然と将来に危機感を持っている方などは人生を大きく変えるチャンスなので要チェックです!

文系からエンジニアになれるの?

結論から言うと【余裕でなれます】。

実際に私も大学は文系でしたし、今の私の周りで知人のエンジニアも半分まではいきませんが、体感値としては30〜40%程度いる気がします。
(気になって調べてみたところ現在のおよそ30%がいわゆる文系の出身みたいです)

2016年度 IT企業IT技術者の最終学歴での専攻

学部 割合
情報系 38.9%
工学系 14.9%
理学系 7.9%
その他の理系 2.2%
経済・経営学系 14.7%
文学系 5.9%
社会学系 2.4%
法学系 4.1%
その他の文系 3.5%
その他 5.5%

引用:「IT人材白書2017」(独立行政法人情報処理推進機構(IPA)IT人材育成本部、2017年)

こうやって改めてデータを見てみると、「エンジニア=理系」というわけでは全くないということがよく分かります。もちろんこれはあくまで人数のレベルですが。

では簡単にエンジニアになれるのか

ハッキリ言いますが、なれません。

最近の風潮として「文系として大学を出たけど、今の営業や内勤が合わないから需要があるエンジニアになろう!」という考え方の人が増えてきている気がします。
もちろんどうしてもエンジニアになりたい方や何か作りたいプロダクトやサービスがあってエンジニアを目指す人は勉強も転職も成功すると思います。

ただし現在の仕事からただの逃避としてエンジニアを目指してしまうと、まず学習の時点で面白くなく躓いてしまうでしょう。仮にスクールを卒業して無事にどこかに就職や転職できたとしてもコードが書けないとプログラマー(実際にコードを書く人)にはなれません。
そうなると回ってくるのは運用保守とかテストとかなんですがこれが結構大変です。まあ楽しい仕事も有るのかもしれませんが、とりあえずグーグルで「運用保守」と入力してみましょう。
関連ワードで「きつい」「つまらない」というワードがサジェッションされます。あとは出てきた個人ブログなどを読んでみると、エンジニアになるのであればコードが書ける様になった方が幸せなんだろうなという気持ちが溢れてきます。

文系からエンジニアになる強みとは

文系からエンジニアになるのは大変なことばかりではありません。よく「文系はコミュニケーション能力が有る!」という、分かるような分からないようなメリットを見かけます。コミュニケーション能力は人それぞれだと思いますがが、前職との掛け算でできることがあると有利になるのは間違いありません。

例えば私は営業あがりですが、営業時代に自社のプロジェクトの進捗管理なども携わっていました。そのため今でも紹介で案件などをもらった時は、全体の見積もり作成などで予備時間を設けたり、口頭で悪い場合の可能性の話をしておいたりしています。
それと報連相もこまめにするようにしています。とくに悪い時ほど早く報告するという癖があるので、なにか問題が起きても水面下で大きくなり続けるということはほぼありません。

これは文系理系関係なく、趣味や好きなものなどでもどんなシステムが使いやすいか何が流行っているかなどを知っている人に開発を任せたほうが良いのは同じです。

エンジニアになるのがゴールではない

エンジニアを目指す人がいるのは、それはそれで素晴らしいのですがエンジニアになることだけが目標になってしまうとおかしくなってしまいます。
例えば営業になりたい人はなってからがスタートで、そこからどれだけ売上をあげるのか、仕事を効率的に回すか、給料を上げるかを普通は考えると思います。

エンジニアも同じで、「プログラミングができる様になったから人生安泰!」なんてことはなく、エンジニアとして働かなければなりません。
ただしエンジニアに関しては非常に需要が高いこと、給与が高い仕事を比較的もらいやすい、ということでフリーランスであったり週数回の労働で前職より数倍稼げるということが可能ということです。

文系からエンジニアになるのに最短な方法

現在お仕事をされていて、エンジニアを目指したいという方はまずはオンラインでプログラミングを学ぶのが良いかと思います。
今一番流行りなのは【プロゲート】で、これは実力が付くと言うより楽しくプログラミングの初歩が学べるというのがポイントです。

Progate(プロゲート)をやったらフリーランスエンジニアになれるのか?

そこである程度慣れてきたら週末にプログラミングスクールの【ジーズアカデミー】などに通ってレベルを上げるのが良いかと思います。

G’s ACADEMY(ジーズアカデミー)は講師・メンターが充実のエンジニア養成学校

逆に今退職して決まったお仕事がなかったりしばらく時間の有る方は転職エージェントなどを使うと、無料でプログラミングを学べてなおかつエンジニアとしての就職まで一本道です!

まとめ

文系からエンジニアになるのはイメージで難しそうに考えている人もいるかも知れません。しかし実際に言語化したりデータをみると特別に難しいことではありません。
もしも今の仕事や人生に迷っている方は、とりあえずプロゲートを始めてエンジニアとしての一歩目を踏み出すことをオススメします!
それでは!