キャリア

エンジニアのための問題解決コミュニケーションツールcenq(センキュー)

問題解決コミュニケーションツールcenqのスクリーンショット

エンジニアをしていると、どうしてもわからないことに遭遇します。あるコマンドの仕様がわからない、とかならgoogleで調べてすぐにわかりますが、そういうものばかりではなく、「なんとなくこういうものを作りたいんだけどどうしよう」みたいなあいまいな疑問も多々あるはずです。

そういう時に活用したいのがcenqです。cenqはエンジニアのためのコミュニケーションツールで、質問を投稿すると誰かに答えてもらえるというものです。

cenq(センキュー)公式ページ
https://cen-q.com/

cenqは株式会社Miraieの提供するサービス

株式会社Miraieは、エンジニア派遣・システムの受託開発やWebコンサルティング、さらにWebデザインや動画作成も手掛ける会社であり、幅広い業種を手掛ける会社です。これまで例えば、マッチングサイトの作成やオンラインチャットシステム・Webページのリニューアルなどを手掛けてきています。

Miraieは5000社以上とパートナー関係にあり、幅広いニーズに対して適切な解決法を見つけることができます。また、2019年の売り上げ見込みは13億円となっており、従業員55人に対して大きな会社といえるでしょう。

cenqの特徴

・答えが送られてくる形式ではなく、答えてくれる人を見つけるシステム
・質問者と解答者がリアルタイムで共同作業できる
・解答者にお礼をすることができる

答えが送られてくる形式ではなく、答えてくれる人を見つけるシステム

ただエンジニア専用の知恵袋みたいなものであれば、新しくサービスを作らぬとも、どこかに質問できる場所はたくさんあります。しかし、cenqはそういった従来のサービスとは一線を画しており、解答ではなく解答者を探してくれるサービスなのです。つまり、解答者が見つかった後はその人と密にやりとりをすることができます。なので、例えばあいまいな質問であったとしても、自分の求めている答えが返ってきやすいという特徴がありますし、仮に求めているものと違ったものが返ってきても、直接会って人とコミュニケーションをとるようのと同じように、求めている解答を引き出すことができます。

質問者と解答者がリアルタイムで共同作業できる

共有画面の閲覧やソースコードの同時編集が可能なので、解答者と質問者の意思の疎通が簡単です。エディタがないと色分けされず見にくいプログラムコードも、見やすいまま編集することができますし、ソースコードの同時編集は特に便利な機能の一つといえるでしょう。また、これによって単なる質問・解答だけの関係ではなく、ユーザー同士が一緒に分からないところを勉強するといったことが可能になり、サービスの使用の幅が広がります。

解答者にお礼をすることができる

質問者は解答者に仮想通貨・Amazonギフトでお礼をすることができます。こうすることで、解答者のモチベーションも上がり、ユーザー同士の関係も深まります。

今後追加される予定の機能

・音声通話とビデオ通話
・複数回答者による同時回答
・解決済みのQ&Aから問題解決プロセスの閲覧

音声通話とビデオ通話は便利そうです。もはや会っているのと変わらないぐらいですね。複数の解答者がいればグループで勉強なんていうのもできそうですし、便利な機能でしょう。

新規登録は簡単

新規登録は簡単でにメールアドレスだけでできるので、誰でも気軽に試せます。

cenqの口コミ・評判

「これからUnityを始めようと思っている方、このサービス(cenq)をぜひ使ってみてください!Unityユーザーは頑張って対応させていただきます!」みたいなものは見られますが、まだあまりユーザーの数は多くないようです。しかし、友達とかと使ってみるのも面白いのではないでしょうか。

まとめ

ソースコードの同時編集・共有画面は使い勝手がいいと思います。まだユーザーの数が多くない印象がありますが、なにか質問が生まれたときや、なんとなくやってみたいことが見つかったときに使ってみても良いのではないでしょうか。

cenq(センキュー)公式ページ
https://cen-q.com/