文系がAI関連人材になれるのか?株式会社シナモンの國本知里さんにインタビュー

インタビュー

昨今ますますAIについての注目度が高まっていおり、AIエンジニアとして働きたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

AIを使ったプロダクトを生み出しているzで働く國本知里さんインタビューをしました。「文系がAI人材になれるのか」というテーマを主にして他にもAIの将来など様々なお話を聞かせていただきました!

文系はエンジニアになれるのか?転職も可能?

―文系がAI人材になれるのかについてどのようにお考えでしょうか?

少し前に、文系がAI人材になれるわけがないと言っている人は何も見えていない、という話がありましたね。結局アルゴリズムを使えるのは確かに理系なんですけれども、それをビジネスにできるのかというのが大きな課題で、今はAIを使ってお客さんに、世の中にどう価値を生み出していくのかという点が全然足りていないんです。

最近AI人材が足りていないからとプログラミングスクールは増えてきていますが、増えたとしてもAIの事業を成功させている企業はまだまだ出て来ていません。実際に今注目されているAI事業のスタートアップでも、やはりトップは技術の人で受託型の案件が多いのもあり、きちんと安定して伸びるようなビジネスができている企業は少ないと思います。ですので、安定して伸びる事業を作ること、お客様や市場にはどういうものが求められていて売れるのかということを見極めることが、文系が入っていくところですね。

まさに東大の有名な松尾教授という方が仰っているのが、「ディープラーニングは稼げない。」ということで、大事なのはマーケティングであり、良さを技術として伝えるのではなく、いかにお客様のメリット・デメリットの言葉に変えて伝えていけるのか、ということが重要視されてくると思います。

―シナモンさんで文系のエンジニアはいらっしゃいますか?

文系のエンジニアはいないですね。ただ、今はそういう戦略をとっているだけで多くの企業では文系からのエンジニアも多く、かつ最近はエンジニアにプログラミングが必須ではなくなってきています。それこそドラッグ&ドロップでアルゴリズムが組めるというツールも出てきているので、そういうものを活用することは可能だと思います。

―文系理系という違いは小さくなっているということですね。

そうですね。文系にとっても技術をどういう風に使うのかという点は大事なのですけれど、文系も数学などをきちんと学んでいく、理系もビジネスとしてどう展開できるのかというところを学んでいかないといけないので、今後はより文系理系というのは関係なくなっていくと思います。

例えば理系の人であれば、技術を難しい言葉で理系の人に説明したとしても響かない、すごい技術だとしても伝わらないということがあります。

AIが活用されていくエンジニアの将来に向けて

―これからAI時代になっていくと思うのですが、全員が学んだ方がいいという結論になるのでしょうか?

学んだ方がいい、というよりはそれが当たり前になってくるのだと思います。例えば、今多くの人がスマホを使っていて、基本的にスマホ上でのネットの知識や何をしてはいけないということを知っていると思うんですね。AI業界でも同じことが起こる可能性は高く、AIを使って何かをしていくというのが当たり前になると思っています。

今はネットを使って何をしている、なんて言わないじゃないですか。それと同じで、AIを使って何をしていると言わなくなる、それくらいAIというものが当たり前になっていくと思うので、必要となるというよりは生活に浸透していくというのがこれからの流れだと思います。

―AIについてE検定など様々な検定が始まりましたが、それについてはどのように思われていますか?

事業を作る側はそれを活用すればいいと思います。逆にAIを使って何かを作っていく会社側からすると、結局AIを使って何がしたいのかというビジネス構築の部分の方が大事です。そのためにはAIについてきちんとした知識を身につけることが必要不可欠なんですね。

例えば今定型的な業務があったとして、AIを使って効率化するとします。その時、AIのどの技術を使えばどこをどのように自動化できるのかということを知っていないと、期待しすぎてAIができないところまで求めてしまうようなことがあります。人間でも100%できないことをAIに100%求めてしまうんですね。その点に関してはきちんとした基礎知識をつけていかないと、AIを導入したとしても失敗してしまうと思います。

タイトルとURLをコピーしました