キャリア

CodeGrid(コードグリッド)はフロントエンドエンジニアのためのウェブマガジン

ウェブマガジンCodeGridホームページのスクリーンショット
ポン
ポン
こんにちは!フリーランスエンジニアのponです!

突然ですが、流行というものは大事ですね。ファッションでも「今どきの服装」なんてものがあったり、例えばW杯があるときは職場の仲間と、友人と話すときもそういう話題が増えることになるでしょう。仕事といえども例外ではありません。特に技術を売りとしているエンジニアならなおさらです。でも、仕事と並列して勉強するのは大変ですね。

やろうやろうと思っていても、つい家に帰ってきたらお酒を飲みながらだらだらしてしまいがちです。そんな時にお勧めできるのが今回紹介するサービス:CodeGridなのです。

CodeGridはピクセルグリッドが提供するエンジニアのためのウェブ書籍

CodeGridは株式会社ピクセルグリッドが提供している、主にエンジニアをターゲットにしたWeb書籍です。ピクセルグリッドは製作事業を主に行っており、例えばpixivのサービスの一部なんかも作成しているようです。そんな最前線にいる会社のエンジニアたちが書いているウェブ書籍、というわけです。中には、グーグルで実際に開発されている方もいらっしゃいます。

CodeGridの特徴

・実際に業務に役立つ情報が手に入る
・基礎からトレンドまで網羅
・編集者付きなのでまとまっていて読みやすい
・実際のフロントエンジニアの様子がよくわかる
・Web書籍なので、持ち運びも簡単

実際に業務に役立つ情報が手に入る

前にも書きましたが、CodeGridは現役のフロントエンドエンジニア(実際にユーザーが目にして操作するようなところを主に開発・設計するエンジニア)によって執筆されているので、実際の実務の経験が反映され、かなり実践的です。勉強をしようと思うと、実務にあまり関係ないところもどうしてもやらなくてはならなくなります。それももちろん価値のあることなのですが、やっぱり時間がなくなるとそう悠長なことも言ってられなくなります。そこで、このCodeGridを読めば効率的に実務に直結するような情報を収集できるのです。

基礎からトレンドまで網羅

実際の現場のトレンド情報・技術も丁寧に考察されて記事としてあがるのはもちろんこのCodeGridの素晴らしいとことのひとつでありますが、入門的なことも記事としてあがるので、今そこまでフロントエンドに詳しくない…!って人でも楽しくためになるような記事が配信されています。

編集者付きなのでまとまっていて読みやすい

CodeGridでは、執筆者のほかに編集者がいて、書かれた記事を綺麗によみやすくまとめてくれています。これは地味にありがたいのではないでしょうか。

実際のフロントエンジニアの様子がよくわかる

記事のメインはもちろん技術的なものですが、実際に実装する会社が執筆しているという利点を生かして、例えば仕事の紹介だったり働いている人のお話だったりというのも記事になっています。これは、身近にエンジニアというものを感じられる良い機会ですし、なかなかないことだと思うので、とても貴重だと思います。

Web書籍なので、持ち運びも簡単

こういう優秀なメディアでも、結局見なかったら意味がありません。でも、CodeGridはWeb書籍ですので、例えば通勤時間でもいいですし、少し休憩する時間でもいいですし、ちょっとした空き時間に見ることができます。これはとても大きなメリットですね。これなら忙しくても定期的に読むことができます。

気になる料金は…?

結論から言ってしまうと、月額800円(税抜)です。かなりお手頃な金額設定だと思います。購読している期間はすべての記事が読めますし、Web上でしたらどこからでも読むことができます。しかも、最初の30日は無料で読めるので、お試しということもできます。また、それもめんどうくさいな…って人は無料で読める記事があがっているので、それを見てどんな感じか確かめるといいかなぁ、って思います。

団体向けの団体購読もおすすめ

企業はもちろん、複数人同じグループで活動されている際には団体購読もおすすめです。こちらはクレジットカードがなくても申し込めますし、2人から団体購読するのが可能です。
ちなみに、DMM.comや東急ハンズ・ラボなども団体で購読しているようです。

CodeGridの評判・口コミ

例えばTwitterを見てみると、

「CodeGridの記事ってこう…かゆいところに手が届く感がすごい。そうそう、そういうのが知りたかったんだよ!的な 読み始めるととまらない」
とか

「CodeGrid最高だなー。何となく見て無駄にしてた時間を、CodeGridに全部使いたい。」みたいな感じで、狙い通りという感じがします。ホームページにも

「codegridは、エッジ過ぎず、簡単過ぎず、カバーしている範囲が、絶妙だと思う。今のボクには、というか、多くのサーバーサイドメインのアプリケーションエンジニアには丁度良いと思う。」

のようにエンジニアにとってはかなり刺さるコンテンツのようです。少しでも興味があったらとりあえず30日間は使ってみても良いのではないでしょうか。

まとめ

一般人向けではないですが、いわゆる”界隈”の人にとってはかなり重宝されるWeb記事ではないでしょうか。初回購読30日無料もありがたいですし、月800円でこんなサービスはなかなか受けられないと思います。かなりお勧めできるサービスです。

CodeGrid公式ページ
https://www.codegrid.net/