キャリア

crash academy(クラッシュアカデミー)はセルフプロデュースもできるITエンジニア向けの動画サービス

crash academy(クラッシュアカデミー)はITエンジニア向けの動画サービス
ポン
ポン
こんにちは、ポンです。
今回はITエンジニア向けの動画サービス、crash academyについてご紹介します。こちらは動画ベースでプログラミングやITテクノロジーについて学ぶことが出来るサービスですが、色々な使い方ができるので要チェックです!

crash academyとは

【crash academy】はアクセリア株式会社が運営する「Watch videos,Revitalize you-ITの中心で生きるための動画プラットフォーム-」がテーマのITエンジニア向けの動画配信サイト。アクセリア株式会社は2000年に設立され、純国産CDNサービスのトップランナー。CDNサービス運用で培った大規模負荷分散の技術を応用した「テレビ運動Webアプリケーション」や「広告配信システム」など、短時間に大量のアクセスがあるようなWebサービスの開発・運用も行っている。

crash academy
https://crash.academy/

アクセリア株式会社
https://www.accelia.net/

アクセリア株式会社の事業は以下の通り。

コンテンツ配信インフラサービス
セキュリティ関連サービス
Webマーケティング関連サービス
ITエンジニアのダイレクトリクルーティングサービス

crash academyのメリットや特徴とは

・無料で視聴可能な動画が多い

・自分のスキルを・キャリアの管理が簡単に行える

・最新のテクノロジーコンテンツが多く掲載されている

・OFFER機能がある

・無料で視聴可能な動画が多い

動画はさまざまなコンテンツがありカテゴリーだけでも「HOT!」「セキュリティ」「クラウド」「IoT」「ネットワーク」「FinTech」「人工知能・AI」「webデザイン」「ビッグデータ」「無料」「有料」「ランキング」「企業PR」などがあります。さらにこれとは別でタグも設定があり、言語やフレームワークと主要3クラウドである「GCP」「AWS」「Azure」関連のものが大部分を締めます。

2018年12月現在の動画掲載数は1715件にも及びます。さらにこのうちのなんと約8割が無料で視聴可能、もしくは動画の途中まで視聴可能です。会員登録は必要ですが無料で行えるのでぜひ動画を視聴したい方は登録してみましょう。

・自分のスキル・キャリアの管理が簡単に行える

crash academyでは会員登録時に自分のスキルやポートフォリオを登録し、動画視聴後にもスキルを登録できます。使っているうちに自然とスキルとキャリアの管理が行えるようになります。
ただ動画広告以外でもここから求人に繋げて、求める人材を採用するマッチングサービスになる…のかと個人的に思っていましたが、2016年8月にcrash academyがリリースされてから2年以上経った今でも「エンジニア求人」の欄の掲載数は1件のみですのでそっちの方向ではないのかもしれません。

・最新のテクノロジーコンテンツが多く掲載されている

crash academyで嬉しいの最新のテクノロジーコンテンツが他のサービスとは比較にならないくらい豊富に掲載されています。例えばプログラミングスクールではブロックチェーンやスマートコントラクトについては初歩的なことしかまだ扱っていないところも多く、そもそもコースが存在しないところも少なくありません。しかしcrash academyではブロックチェーンやビットコインのライトニングネットワーク、イーサリアムのEVMについてのなど業界の中でもかなり新しい領域について動画が掲載されています。
さらに「Blockchain workbenchとAzureを使った分散型アプリケーションの構築」という日本microsoftの廣瀬さんの講演などまでありますので、リアルイベントに行けない人などはこちらを見るだけでも最新の技術についてのフォローできるのではないでしょうか。

ちなみに公式が発表したデータでは2017年7月〜2018年6月までのデータで人気動画の1位と2位はブロックチェーンの講座だったようです。

crash academyが過去1年間のアクセスランキングを発表!(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000036201.html

・OFFER機能がある

crash academyにはSpeaker・Award・Jobの3つのOFFER機能があります。特に将来的にフリーランスエンジニアを目指す方であれば肩書や箔が付けば付くほど仕事がしやすくなります。crash academy を通してSpeakerやAwardを狙ってガンガンアピールしていき、専門性を磨きつつ登壇やイベント参加→SNSで拡散などしていけると影響力を高める好循環になりそうです。

気になるcrash academyの評判や口コミは

crash academyの評判や口コミですが、現在の状況だとほぼ無料で使える動画配信サイトになっていますのでネット上では評判や口コミは多くありません。動画が楽しみとか配信待ちを楽しんでいると言った口コミが多いです。
ユーザーとしては興味がある分野の動画で学習を深めつつ、気になる企業があったらアクションしてみるという使い方で良いのかなと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。
無料で多くの動画が視聴できるITエンジニア向けのサービスcrash academy。動画でより専門性が高く新しい知識を深めて今後のエンジニアライフをより充実させていきましょう!
それでは!