キャリア

プログラミングスクールDive Into Codeからフリーランスエンジニアに!卒業生にインタビュー

プログラミングスクールDive Into Codeからフリーランスエンジニアになった卒業生にインタビュー
ポン
ポン
こんにちは!フリーランスエンジニアのponです。
今回はプログラミングスクール・Dive Into Codeを経て、フリーランスエンジニアになった青木大介さんにインタビューしました。
プログラミングスクールで学び、その先にフリーランスエンジニアの選択肢を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

(青木さんが学んだ時期は、現在は少しカリキュラムが変わっているので、それを含めて読んでいただければと思います。)

青木さん
Twitter
Dive Into Codeで学び、現在はフリーランスエンジニアとして活躍中。
プログラミングスクールを卒業し、スクールのメンター及びシステム開発に関わった後、フリーランスエンジニアに。

エンジニアになろうとした理由とプログラミングスクールを選んだ経緯

エンジニアを目指すようになったのは「専門職になろう。専門職であれば、その技術に需要がある限りは仕事があるはず。」と思ったからです。以前は専門性の無い仕事をしており、コンプレックスと「自分の代わりは誰でも出来る」という不安がありました。それに、以前からプログラミングには興味があって、多少はやったことがあったんです。

独学だけで開発現場で通用するスキルを身につける自信はなかったので、プログラミングスクールを受講して体系的に学ぶことにしました。
いくつかプログラミングスクールを見学しましたが、カリキュラム・価格・(自習室などの)学習環境・担当者の対応などを総合的に判断し、Dive Into Codeにしましたね。
オンラインのコースではなく通うことにしたのは、自習室に行けばサボらずに勉強するだろうと思ったからです。

スクールではどういう風に過ごしたのか?

当時は仕事をしていなかったので、受講期間の半年間、朝から晩までスクールの自習室で勉強していました。
(現在はカリキュラムが変わり、フルタイムだと4ヶ月で終了するようになっています)

平日の日中は自習室にいる受講生があまりいなかったので、分からないことがあればメンターをほぼ独り占めして聞き放題でした(笑)。土日や夜だと少し人が増えましたが、それでも当時は今よりは受講生が少なかったので、頻繁に質問していました。

ある程度自分で考え、解決出来なかったらメンターに質問する・・・というサイクルをひたすら繰り返したのがスキルの向上につながったのだと思います。結果的に卒業後にエンジニアとして働くことが出来ているので、受講料の元は十分にとったと思います。

また、同じ時期に入ってスクールで顔を合わせていた友人と情報交換をしたり、学習する上で切磋琢磨したり、よきライバルというか友人ができたのも良かったと思います。

オリジナルアプリ開発の大会に参加

朝から晩までスクールにいたので、カリキュラム自体は前倒しで2ヶ月で終わってしまいました。
その後、Dive Into Code主催のオリジナルアプリの開発大会に参加しました。

カリキュラムで学んだ知識をもとに、ゼロから開発を行ったのが非常に勉強になりました。
カリキュラムで学んだ時は理解していたと思っていたのに、実は全然理解していなかった箇所が多々ありましたね。それに、指定された物を作るより、自分の作りたいものを作るほうがはるかに楽しかったです。カリキュラムを復習しつつ作ったので、企画してから完成まで1ヶ月くらいかかったと思いますが、良い経験でした。

大会後にメンターに

その大会が終わった後、Dive into Codeから打診を受け、メンターになりました。

教えることを通してカリキュラムで学んだ知識がより定着しました。受講生よりむしろ自分自身が学ぶことができましたね。
もちろん全て答えられるわけではなかったので、わからないところは先輩のメンターに相談して解決しました。

フリーランスエンジニアになった青木さん

正社員ではなくフリーランスに

おそらく自分の場合はレアケースだと思いますが、卒業後、正社員のエンジニアとして就業することなく、フリーランスのエンジニアとして働き始めました。
プログラミングスクールの周りの卒業生はエンジニアとして就職したり、他の職種として働き始めたりしていましたが、思い切ってフリーランスになることにしました。
スクールの方でも色々な仕事の情報があったのですが、フリーランスになりたいという思いもあったので、挑戦してみることにしました。

エンジニアのフリーランス転向サポート事業をしている人とたまたま親しくなって手厚くサポートしてもらえたというラッキーがあり、フリーランスの案件を見つけることができました。さらにラッキーなことに、その最初の現場が困ったらことがあれば相談しやすいという恵まれた環境でした。

また、自分がスクールで学んだRubyを生かせる職場でしたし、そこも幸運だったなと思います。
スクールではRubyを学んだのに、現場ではJavaで開発することになる・・・というケースもあると思いますが、私の場合はRubyを使えるところということで探しましたね。

今その現場で働き始めてから一年半なのですが、その現場でまだ働いています。
現場でも学ぶことも多く、働き始めてからさらにスキルは上がったかなと思っています。
スクールでは基礎が身についたと思いますが、やはり現場に入ることでエンジニアとしてはより多くのことが学べるのでは?と思います。

とめ

ということで、正社員をすっ飛ばしていきなりフリーランスのエンジニアになった青木さんのインタビューでした。
フリーランスを目指している方、プログラミングスクールの雰囲気が知りたいと思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

Dive Into Codeについて詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてくださいね!

DIVE INTO CODE(ダイブ イントゥ コード)は真剣にエンジニアを目指すための方のプログラミングスクール

公式HPはこちら

Dive Into Code公式HP