flamingo(フラミンゴ)はお手軽に英語を学べる!

flamingo(フラミンゴ)は手軽に英語を学べる キャリア

こんにちは、ポンです。

今回はお手軽に英会話を体験できるアプリ、フラミンゴについてご紹介します。英会話と言うと一昔前は駅前留学やスクールに通うという方式だけでしたが、現在はこんなマッチング形式のサービスもあるので英語学習に興味のある人は要チェックです!

flamingoとは

【flamingo】(以下、フラミンゴ)は株式会社フラミンゴが運営する英会話マッチングサービス。株式会社フラミンゴは2015年6月に設立され、サービスとしてのフラミンゴは2016年10月にリリースされた。

フラミンゴの名前の由来は「ふらっとみんなで語学!」。

フラミンゴ
https://app-flamingo.com/

株式会社フラミンゴ会社案内
http://app-flamingo.com/blog/company-brochure/

フラミンゴの言語や講師について

フラミンゴではサービスがリリースしてから2年以上が経過しますが、サービスは成長し続けています、実際に外国人講師数ではリリース直後から右肩上がりで上昇し続け、現在は110ヶ国5300人以上の方が講師として登録しています。

さらに取り扱う言語も非常に幅広いです。

日本語

英語(アメリカ)、英語(イギリス)、英語(オーストラリア)

中国語(北京)、中国語(広東)

アラビア語

イタリア語

インドネシア語

インド語

ウクライナ語

オランダ語

カタロニア語

カナダフランス語

韓国語

ギリシャ語

クロアチア語

スペイン語

スロバキア語

タイ語

チェコ語

デンマーク語

トルコ語

ドイツ語

ノルウェー語

ハンガリー語

ヒンドゥー語

フィンランド語

フランス語、フランス語(カナダ)

ヘブライ語

ベトナム語

ポルトガル語、ポルトガル語(ブラジル)

ポーランド語

マレー語

スペイン語(メキシコ)、スペイン語(ラテンアメリカ)

ルーマニア語

ロシア語

以上の33言語に対応しています。例えば私ですとオーストラリア英語はそんなに聞いたことがないので苦手です。それぞれの地方などによって全然表現の仕方や言い回しが違ったりするので国やエリアで分けているのはありがたいですね。

フラミンゴの使い方

フラミンゴは非常に簡単に使うことができます。

ウェブかアプリから「言語」「場所」「日時」「性別」「特徴」を調べると該当する講師候補がズラーッと出てきます。その中から好きな講師を選択して、レッスンリクエストを送って講師からのリアクションを待つ、という方式です。

ちなみに講師情報としては写真やプロフィール、評価、最終ログイン情報などが分かるため比較的情報を持った段階でセッティングがされて安心です。

フラミンゴの料金

フラミンゴの料金は最低2000円からとなっており、講師自身が価格を設定できます。フラミンゴのシステムとしてはフラミンゴに手数料500円がかかり、講師は1500円からレッスンを設定できます。人気のある講師ほど値段が上がりやすい流れですね。

法人向けサービスも開始!

フラミンゴでは2018年10月に法人向けサービス「flamingo for Corporation」もリリースしました。こちらは法人のオフィスまで講師を派遣するシステムで、ユーザーレビューが一定以上の講師のみ派遣します。

独自の「Flamingo score」という評価軸を使って現場レベルでギャップを是正することように設計されているそうです。

日本を「外国人に優しい国」にしたいという金村容典代表の想いから生まれた

株式会社フラミンゴの代表取締役である金村容典氏は日本に外国人の方が増えてくる中で、彼らが深夜のバイトをして稼いでいる状況を変えたいと願ったことからフラミンゴを立ち上げたそうです。金村容典氏はあちこちで留学生達にあってインタビューしたりしてCtoCマーケットを創り上げたとのことで、並々ならぬ情熱を感じますね!

資金調達の情報

2016年の6月にメルカリとエンジェル投資家(佐藤裕介氏、和田修一氏、家入一真氏)より資金調達(金額は非公開)、その後2017年の11月にグローバル・キャピタル・パートナーズ、グローバル・ブレイン及び個人投資家から総額1.7億円の資金調達を行っている。

まとめ

いかがだったでしょうか。

誰でも気軽に英会話を行うことができる英会話マッチングサービスのフラミンゴ。これから日本で労働人口がどんどん縮小し、世界における日本語の影響力は小さくなっていきます。グローバルに活躍することが求められてきます。ぜひこの機会に一度試してみてください!

それでは!

タイトルとURLをコピーしました