キャリア

ブロックチェーンを身近に!FLOCブロックチェーン大学校のジョナサン・アンダーウッド校長にインタビュー

FLOCブロックチェーン大学校のジョナサン・アンダーウッド校長にインタビュー

ブロックチェーンを専門的に学ぶことの出来る学校、FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校。今回はFLOCブロックチェーン大学校のジョナサン・アンダーウッド校長にインタビューさせていただきました。

FLOCブロックチェーン大学校を作ったきっかけは?

「教育」という視点から、ブロックチェーン業界に興味を持つ人を増やしたかったのが発端です。

2017年、当時は仮想通貨が注目されていた時期でしたが、私はブロックチェーン大学校を設立し、FLOCの母体であるファイナンシャルアカデミーは、FinTech文脈でブロックチェーンを学ぶセミナーを実施していました。

そのセミナーに私も関わっていたこともあり、2018年4月、より幅広い方に体系的にブロックチェーンを学ぶ機会を提供したいという思いで、FLOCブロックチェーン大学校を設立しました。

FLOCブロックチェーン大学校の特徴は?

しっかりしたフォロー

一番大きいのは「フォロー」という部分ですね。ブロックチェーンに関連した、無料勉強会やイベントなど現在たくさんありますが、上辺だけ触って終わりになってしまうものが多いと思います。イベントや授業期間が終了したら、それで終わってしまうという形です。

FLOCはそのようなことはなく、イベントや授業が終わった後のフォローも大切にしております。例えば、コースの内容に満足できなかったり、合わなかった場合には、30日以内に返金が可能だったりしますし、コースに関しても、教室受講に一旦、加入すれば、一年間何回でも授業を受講でき、受講した授業の内容を動画で復習することができます。

希望者には転職のフォローも

また、FLOCエージェントという別のサービスとも連携して、転職を希望する方に、個人個人のニーズを聞いた上でのフォローを行えるようにしていますね。FLOCでは、一回もののセミナーとは違い、授業に来て出席すれば終わりということではなく、しっかりと実践的な力をつける、というところまで保証しようと考えております。

質の高い講師

エンジニアコースは、昔からエンジニアとして活躍していた人が講師をしていますので、ただ上辺だけの知識を学ぶだけではなく、深堀りをして実践力をつけるコースもございます。

ビジネスコースにしても、ずっと前から、ブロックチェーンが社会にもたらす影響などを調査、研究している人が講師を務めていますね掘り下げて徹底的に理解してもらうことを目標としていて、FLOCでは、深い部分までの知識を得て実践的な実力がつくまでフォローする、というような約束を買っていただいていると考えています。出席したら終わりではありません。

一年間の間でとことんとブロックチェーンに関する理解が進み、希望する方には転職が進む、一人ひとりのニーズに向き合った、一番ベストな方法を考えよう、そういうような考え方で運営させていただいております。

どんな人に受講してほしいですか?

やはり、ブロックチェーンの可能性について好奇心を持っている方が一番ですね好奇心をもっていないと、エンジニアコースなど、ハードなものも中にはありますので。

一方で、ブロックチェーンエンジニアは、これから盛り上がっていく職種の一つなので、チャレンジしたい、転職を少し考えている、という方がベーシックコースからとことん勉強してみるというのも大歓迎です。チャンスがあるのはわかっているけれど、どう打破していいのか分からない、武器が必要だという、現状もやもやしている方にすごく合っていると思っておりまして、文系タイプの方にはビジネスコース、理系タイプの方にはエンジニアコースと、両方のニーズに答えられるコースを用意しています。

ブロックチェーンが、どのようなものなのか興味があるというレベルでもウェルカムです。3つのコース以外にも無料体験コースもございます。この体験コースはただの宣伝ではなく、ベーシックコースの抜粋となっております。とりあえず興味がある方に受けていただいて、ここから先、さらに深堀りをしていきたいのか、考える判断材料を提供しているつもりです。

サービスがローンチしてからの状況や進捗は?

コースは、開設から徐々に増えてきて、現在の形になりました。

受講生に関しては、だいたい全部で4000名くらい現在はなります。本当にブロックチェーンに熱意のある方から何となく興味があるという方まで来ていただいて、ブロックチェーンに関する学びを、敷居を下げて提供できているのではないかと思います。

インターネットが現在それに関わらない人がいないように、ブロックチェーンも同じような、身近な存在になるはずです。残念ながら、ブロックチェーンはまだ遠い存在ですが、学校を通して、少しでもお伝えすることに貢献できれば、と考えております。

受講生の数に関しましても、以前は、仮想通貨市場と興味を持つ人の数が相関していました。ですが、2018年は、相場が右肩下がりになっていても、興味を持つ人が減ることなく、増える一方です。ブロックチェーンは、実際にやっている方も興味がある方も増えているのだと思いますので、これからも弊社に興味を持っていただく方は増えていくのではないかと思います。

今後の展望は?

コースの展開でいうと、さらに深く学ぶ中・上級者用を、用意したいと思っております。レギュレーションについてもっと学びたいとか、イーサリアムでももっと作る方に特化していきたいとか、そういったニーズに答えるものです。現在の講座も決して簡単なものではありませんが、社会を変えていくにはこれだけだと足りないので、もっと特化させたコースを作っていきたいと考えております。

一方でもっとベーシックなところから入りたいという方のニーズにも対応していきたく、「広くたくさんの方に知っていただくかつ、深く学んでいただく」、両方に関して充実させることが出来たらと。

また転職のフォローの方もよりしっかりやっていきたいですね。学んでそれで終わらせるのではなく、それを社会に還元していくというところまで回していく、プラットフォーム化が出来ればと考えております。

私達の目標としては、一番に業界に貢献していきたいというのがあります。教育をすることで業界の人材のレベルを上げていく。仮想通貨取引業界の中の既成団体の中でもそのようなことは発言させていただいておりますし、いろんなアドバイスもさせていただいています。

FLOCを通してもブロックチェーンの進展に貢献できるようなことを積極的に行っていきたいです。

現在も、学校として、ブロックチェーンのイベントをされる方には無料でスペースを貸し出しています。最近では、ブロックチェーンゲームのイベントを行いました。イベントなどをきっかけにコミュニティが大きくなって、少しでもブロックチェーン業界に貢献することが出来たらなぁと考えていますね。

FLOCブロックチェーン大学校公式
https://floc.jp/

ブロックチェーンを学べるプログラミングスクール
ブロックチェーンを学べるプログラミングスクールを厳選!学びたいエンジニア必見 実はブロックチェーンエンジニアの需要はここ何年かで急激に伸びてきているんです。というのも、インフラ分野にブロックチェーン技術を取...