キャリア

ブロックチェーンを学ぶならFLOCブロックチェーン大学校!

ブロックチェーンを学ぶならFLOCブロックチェーン大学校
ポン
ポン
こんにちは、ポンです。
今日は今年話題になったブロックチェーンテクノロジーについて学べるFLOCブロックチェーン大学校についてご紹介します。仮想通貨の投機ブームは一度過ぎましたが、ブロックチェーンに関してはかなり面白い領域になりますので今後のサービス増加に備えて要チェックです!

FLOCとは

【FLOC】(フロック)はブロックチェーン専門スクール。ブロックチェーン革命に備えてブロックチェーンテクノロジー技術者の育成とブロックチェーンのプラットフォーム構築を目指している。FLOCは株式会社FLOCが運営しており、設立は2018年4月。

FLOCブロックチェーン大学校
https://floc.jp/

そもそもブロックチェーンテクノロジーとは

ブロックチェーンは2017年の年末、2018年年始の仮想通貨の投機バブルでバズワードになりましたが、ブロックチェーン=仮想通貨ではありません。
ブロックチェーンは分散型台帳と訳される技術で、既存のサーバーシステムと異なりネットワークに参加している端末がそれぞれノードを持つことにより単一障害点を持たずゼロダウンタイムを実現していきます。

これによりブロックチェーンを使うビットコインは、2009年の誕生以来システムとして一度も落ちたことがありません。また、分散化されたシステムは企業や個人に依存しません。
ただしメリットだけではなく方針や意思決定において揉めたり、データの伝播速度やブロックサイズ上限などから仮想通貨は課題も多く抱えています。

ビットコインとイーサリアムの違いは

ブロックチェーンを勉強する際には主に2つの項目があります。ビットコインを使った秘密鍵公開鍵、送金、ウォレットなどと、イーサリアムを使ったスマートコントラクト、トークン発行、Dappsなどです。
この他にもビットコインのような通貨型であればビットコインキャッシュやモナコイン、イーサリアムのようなプラットフォーム型であればEOSやNEOなどがあります。
仮想通貨という名前で呼ばれていますがイーサリアムは通貨ではなくプラットフォームを目指しています。

4つの授業コース

FLOCでは「ベーシックコース」「ビジネスコース」「エンジニアコース(ブロックチェーン実践科)」「エンジニアコース(スマートコントラクト開発科)」の4つがあります。

ベーシックコースではブロックチェーンから始まり基礎技術、UTXOについて、ウォレットについて、P2PやPoWについて、ブロックチェーンで実現する未来についてなどの基礎が学べます。FLOCで学ぶことのメリットとして知識を体系的に学べるというのを強みとしています。本やネットでブロックチェーンについては情報収集が可能ですが、それらをより体系的学べるのは大きな魅力でブロックチェーンは既存のサーバーシステムと全く構造が違うため出来ることが大きく変わります。理論を理解してブロックチェーンの強味と弱味を学習するとより効果的かと思います。

ビジネスコースではベーシックコースに比べてより具体的な授業となっていきます。ブロックチェーンの概念や理想だけではなく、現在のスマートコントラクトを牽引するイーサリアムについてや、国際送金やエスクローなどで有名なリップルの仕組みについてなどを学び、中盤からは仮想通貨取引所、決済手段について、金融や証券など既存のサービスに対するユースケースや活かし方が学べる構成になっています。

エンジニアコース(ブロックチェーン実践科)では前述したビットコインについての送金まわりが学べます。鍵や署名について、UTXOやP2Pについてなどを学び送金する仕組みとコードが学べます。これが出来るようになると既存のサービスに条件を付加して送金できるようになったりします。

エンジニアコース(スマートコントラクト開発科)ではSolidityという言語を用いてイーサリアムでスマートコントラクトを開発していきます。Dappsでまだキラーアプリとなるようなサービスはありませんが今後ブロックチェーンが流行ってくると分散化されたシステムやトークンを使ったサービスはもっともっと出てくるかと思います。投機ブームは一度過ぎましたが今もコアなファンはゲームなどを使って遊んでいるのでゲーム開発したい方にもオススメです。

ブロックチェーン検定も

FLOCでは藤本真衣さん(仮想通貨業界で活躍する女性、株式会社グラコネCEO)とコラボしてブロックチェーン検定という検定も作っています。下のURLから飛べるので理解力を試しみてはいかがでしょうか。

ブロックチェーン検定
https://kentei.floc.jp/

気になるFLOCの評判や口コミは

まだまだ設立されたばかりで全く情報がありませんでした。ただし無料体験コースに申し込むとオリジナルテキストがもらえるそうで、無料体験コースは行ってよかったという声が確認できました。

まとめ

いかがだったでしょうか。
ブロックチェーンが学べるFLOC。仮想通貨だけでなく今後様々なサービスにブロックチェーンが使われてくるとブロックチェーンエンジニアの需要は高まってきます。今日がある方はぜひ検定を受けて無料体験コースに参加してみてください!
それでは!