キャリア

forkwell(フォークウェル)はポートフォリオ作成からスカウトまで、エンジニア向けに幅広いサービスを展開

エンジニア向けのforkwellフォークウェル
ポン
ポン
こんにちは、フリーランスエンジニアのポンです。
今回はエンジニアだけが活用できるforkwellのサービスについて書いていきます。

forkwellとは

【forkwell】は株式会社groovesが運営するエンジニア向けの総合サービス。株式会社groovesは2004年3月に設立された会社で現在の事業内容は主に「CrowdAgent」「Skill Shift」、そして「forkwell」の3つ。

運営会社の株式会社groovesの他のサービス

CrowdAgent

国内最大の求人企業と人材紹介会社をつなぐ求人情報流通システム。人事の採用領域における業務効率化や母集団形成などを支援。求人データベースと業務管理システム、専任コンサルタントなどが活用できる。導入数は3000社以上。エージェント側としては著名なGMOペパボやGameWithなどが利用している。

CrowdAgent
https://www.crowd-agent.com/

Skill Shift

都市部の正社員の新しい働き方を提案する、地方創生型「副業」プロジェクト。地方企業×スキル人材をマッチングする新たなプロジェクトとして副業をする正社員をターゲットにしたサービス。
現在は八幡平市や石狩市などの行政だけでなく、岩手銀行や山口銀行などの地銀とも提携している。ちなみに副業として案件はSEO対策やUI/UXなどのマーケティング・デザイン領域のものもあれば経営企画や営業企画など幅広い業務があるので1度覗いてみると良いかも。謝礼金の単価はだいたい月額で1案件3〜10万円。

Skill Shift
https://www.skill-shift.com/

forkwellとは

公式ホームページによればforkwellの定義は「約20,000人のアクティブなエンジニアを抱える国内最大級のスキルデータベース。自身の仕事実績をグラフィカルにまとめるポートフォリオ機能を始め、エンジニアの成長を促す情報を網羅したプラットフォーム」。
簡単に言うとエンジニアの総合中途サービスだが、そのサービス内容は多岐にわたる。forkwellは具体的には以下の4つのサービス事業に分かれている

・Forkwell Portfolio

・Forkwell Scout

・Forkwell Jobs

・Forkwell Agent

これらについてはそれぞれ詳しく書いていきます。

Forkwell Portfolio

エンジニア向けのサービスで、経歴や作品、成果をまとめて簡単にポートフォリオにまとめることができます。さらにGitリポジトリを解析することでアウトプットをグラフィカルに可視化します。スキルレベルを可視化することによって客観的に把握できます。
さらに自分のオンラインプロフィールとデータから紹介文を自動で作成することができます。作成した自分の経歴などはスカウト機能をオンにすることで以下のForkwell Scoutサービスを活用できます。

Forkwell Portfolio
https://portfolio.forkwell.com/

Forkwell Scout

「ITエンジニアはもっと自由に働ける。」がキャッチコピーのスカウトサービス。特徴としては

・一斉送信なし
・企業と会う際の温度感を選択できる
・勤務先やグループ企業などをブロック可能

・一斉送信なし
スカウトサービスや転職サービスをしていてよく煩わしくなるのは一斉送信メール。「あなたのプロフィールを拝見してメールを送らせていただきました!」みたいな文面で元気よくメールがきますが、募集内容は今までの経歴と全く関係ないことだったりということがよくあります。そうして1日に何通も何通もそういったメールが来るとイチイチ全てのメールを見るのが手間になってしまい、本当に自分に合った案件があっても見逃しがちです。Forkwell Scoutではそういったことがないように個人個人に合わせてメールを配信します。

・企業と会う際の温度感を選択できる
これは地味に嬉しいと思いました!企業の人と会う経験は何度もしてきましたが、温度感が分からないことがよくあります。特に「面接」なのか「面談」なのか「ランチがてら軽く雑談」なのか分からないことがあります。

特にWantedlyでは募集の特徴で「ランチご馳走します」という項目があるのですが今までの人生で一度もランチをご馳走になったことはありません!(笑)
まあ実際ランチは良いのですが、服装やモチベーションなどもあるのでこちらから温度感を伝えることが出来るのは非常に便利だと思いますね。

・勤務先やグループ企業などをブロック可能
これもあるとありがたいですね。通常の会社員の方ですと上司バレすると転職しなくても職場で肩身が狭くなることがありますから情報漏洩対策はバッチリと行いましょう。

Forkwell Scout
https://jobs.forkwell.com/about/scout

Forkwell Jobs

「憧れのエンジニアになろう」がキャッチコピーの、エンジニアのための転職・求人サイト。2018年11月現在779件の案件が掲載されている。掲載数自体はそこまで多くないのは恐らくスカウトとエージェントの方に非公開案件を持っているためかと思います。
特徴的なのは特集としてあちこちの企業のエンジニア達が現在のビジネスやテクノロジーについてかなりしっかりとインタビューしている記事があることと、以下に挙げるこだわり条件がいい感じに分かっていることです。椅子は大事です。

・SIer在籍者歓迎
・椅子が定価6万円以上
・CTOがいる

Forkwell Jobs
https://jobs.forkwell.com/

Forkwell Agent

ITエンジニア向けの転職エージェントサービスですが、特徴的なのはWeb系・スタートアップに強いという点です。実際の入社実績としては、CrowdWorksやBIZREACH、Gunosy、DeNAなどこのブログでも紹介した企業や著名なIT企業ばかりです。
Forkwell Agentはそのサービスの幅広い展開からエンジニアのスキルレベルの正確な把握と、企業側の要望のキャッチアップを行っています。そのためスタートアップのCTOやVP of Engineeringなどの重要なポジションも抑えているのでしょう。

Forkwell Agent
https://agent.forkwell.com/

多くのイベントも開催

Forkwellは多くのイベントを開催していることでも有名です。こちらのConnpassでは過去に81回のエンジニア関連のイベントが開かれており、また2000人以上が参加しています。
https://forkwell.connpass.com/


また、個人的にもイベントの評判も良いという印象があります。界隈のエンジニアで話ができる方が登壇することも多く、聞いていても、なるほどな〜と勉強になることも多いです。イベントのタイトルとして、一部ですが

・グローバルに活躍するエンジニアへの路
・起業・新規事業に挑戦したいエンジニア向け勉強会
・日々のアウトプットが変える!あなたのエンジニア・ライフ
・CTOの流儀・技術的挑戦と「その先」を語る

など、興味をそそるものが多くないですか!?

また、同時に多くのイベントのスポンサーにもなっているのは、エンジニアの方でも知っている人が多いのではないでしょうか。食べ物のスポンサーになっていたり、イベントのゴールドスポンサーに名を連ねていたりと、私も参加したイベントで何度も目にしました。公開されているデータなのですが、forkwellがエンジニアイベントにスポンサーをしている額としては、年間1000万円を超えるそうですよ。

気になる評判や口コミは?

ツイッターなどの口コミや評判は以下のようなものがありました。

・自分の市場価値を見てみるためにも登録しておいても良いと思う。Wantedlyとforkwell、転職ドラフトを使っていこう

・正しく自分の価値を評価されるのは大切。forkwellを使って転職したら、正しく評価されたのか、年収がn%上がった

・Web系企業に転職したいのに「Wantedly/Find Job!/Green/Forkwell Jobs」等に登録していないのは、そもそもやり方が間違っているのでは?この辺りを知らないとか、登録していないのは、どうかというくらいの問題

・レベルの高いエンジニアが利用するサービスとして、scoutyや転職ドラフトと並んで良いものだと思う

・イベントのスポンサーになっていただいて、駄菓子を大量に差し入れいただいた!さすが!

というようにエンジニアのコミュニティに貢献したり、サービスの質も高いと評価するような口コミが多かったです。特にハイクラスのエンジニアにとっては、かなり馴染みのあるサービスになって来ているのではないでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか。
幅広い領域にサービスを展開するforkwell、エンジニアとしてはForkwell Portfolioが便利で、それを活用すればそのままForkwell Scoutがシームレスに活用できるというのが非常に楽でありがたいサービスだと思います。
成果物が増え経験が溜まってきたと思う方は1度、ポートフォリオ化してそのままスカウト機能を使ってみてはいかがでしょうか。
それでは!