キャリア

FREENANCE(フリーナンス)はGMOのフリーランス向け請求書買い取りサービス

FREENANCEフリーナンスはGMOのフリーランス向けサービス
ポン
ポン
こんにちは!フリーランスエンジニアのポンです。GMOによるフリーナンスというサービスを知っていますか?2018年10月にローンチされたフリーランス向け請求書の買い取りサービスなんです。

仕事を行って、請求書を発行したらすぐに自分の銀行口座にお金が入金されるわけではありません。請求書には大抵翌月末か翌々月末の期日と記載し、それまでに支払ってもらうことになるわけなのです。

ということはそれまでの生活費はどうにかしないといけない、というのがフリーランスの実情。

そうした状況にすぐお金を引き出せるのがGMOのフリーナンスというサービスなんです。(実際にサービスを提供しているのは、GMOクリエイターズネットワーク株式会社で、元々はコンテンツ制作事業を行なっています。)

FREENANCE(フリーナンス)の公式ページはこちら

フリーナンス公式

FREENANCE(フリーナンス)の概要

フリーランスを利用する際は下記の3つのプロセスが必要になります。

①フリーナンスの振込専用口座の設定

フリーナンスに登録すると収納代行用の口座を無料で開設することができます。

②フリーナンスの請求書即日支払い

フリーナンスの振込専用口座への使用回数や金額に基づき、フリーランスの与信を評価。その評価に基づき請求書を買い取り、手数料を差し引いたうえで、最短でその日に振込みがなされます。

③フリーナンスあんしん補償(幹事会社:損害保険ジャパン日本興亜株式会社)

こちらはフリーナンスに登録しているユーザーに無料でついてくる損害補償サービスです。フリーランスとして活動している中で事故やの補償(最高5,000万円)のほか、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)を行うものになります。一人で責任を負うことになるフリーランスが安心して活動に専念できるようになるほか、フリーランスに対して仕事を依頼する企業も安心して発注することができます。

あんしん補償サービスの詳細はこちら

https://freenance.net/service#compensation

最近paymeなどの給与の前払いサービスが有名になりましたが、それのフリーランス版というのが理解しやすいかもしれません。

FREENANCE(フリーナンス)の特徴

このフリーナンスには3つの特徴があります。

①口座名を自由に設定できる

フリーナンス振込専用口座は同じGMOグループのGMOあおぞらネット銀行を利用して開設されます。利用するフリーランスは名義に屋号などの好きな名称を使うことができます。

②利用料と振込手数料はなんと無料

このフリーナンス振込専用口座は利用料と口座維持手数料は必要ありません。フリーナンスからの振込手数料もGMOが引き受けてくれます。

③利用すれば利用するほど、信用が蓄積する

このサービスを使えば使うほど、フリーナンスでの信用が蓄積する仕組みとなっています。(『与信スコア』)この信用が高くなるほど、即日支払いの限度額が引き上げられるようになるほか、手数料が下がります。

審査の過程について

フリーナンスを利用するために、開始する際の審査があります。

GMOとしてもお金を貸し付けるので、信頼を担保するために必要である過程なわけですね。人によっては持ち逃げされる可能性もあるわけなので。

審査の過程については以下のようになっています。

①登録内容の審査:こちらはGMO内部での審査になるので、詳しくはわかりませんが、恐らくこれまでの信用履歴などを見られているのではないかと推測します。

②電話によるインタビュー:どういった形で活動しているか、独立の経緯などを聞かれます。登録内容の審査が定量的な審査だとすると、こちらでもう少し定性的な内容を聞かれるわけですね。

非常に人気のサービスになりつつあって、時期によっては審査に1か月くらいかかる場合もあるとのことです。もちろん、平時はそんなに時間がかからないと思いますが。

金融支援サービス・フリーナンスが登場した時代背景

フリーナンスが登場した時代背景として近年のフリーランスの増加があります。私も含め、私の周りの友人もフリーランスとして働く人が増えています。エンジニアに限った話ではなく、デザイナーや人事担当者のフリーランスとして働く人も出てきています。日本では一度雇用してしまうと簡単に従業員を解雇できないため、企業としてもフリーランスに業務委託をする方がリスクと低いと考えるむきがあるのでしょう。

ランサーズが発表したフリーランス実態調査2018年版によると、日本においてすでに1,119万人のフリーランスがおり、労働人口の17%を占めるようになっているそうです。フリーランスの経済圏も広がっており、20兆円を超える規模になっているとのことです。

実際オンラインにおけるプロジェクトツールの発達や、コミュニケーションツールの発達により、外部の人がプロジェクトに関わることが容易になってきており、今後もますますこの流れは加速していきそうです。

そうしたときにフリーランスの方向けに金融サービスを提供し、すぐに現金化できるようにするというのがこのフリーナンスの誕生した背景かと思います。

フリーナンスへの反応・評判は?

まだまだ始まったばかりのフリーナンスですが、反応や評判はどうなのでしょうか?私の周りにはこのような反応がありました。

・消費者金融をお手軽に使えるようなサービスだけど、請求書がある分GMOとしても比較的貸し倒れなく貸せそう。

・GMOがやっているので、基本的には信頼できそうなサービス

・フリーランスもすそ野が広がっているので、こうしたサービスを利用する層が増えていきそう。

・使用すれば使用するほど、フリーランスの信用が可視化されるので、この情報は色々なところで応用できそう。信頼とかってこれからのテーマですよね。

・自分も過去にシステム開発案件で1度だけ未払い踏み倒しされた経験があるのでこういうサービスは本当にありがたい(あの時はお金がなくてつらかったなぁ。。。)

・エンジニアはもちろん、周りでもデザイナーが使い始めているね。このサービス。

・売掛債権を買い取るのか!3%なら使いやすいかも。

・貯金をそもそもしておくべきだとは思うけど、あまり貯金をしない人にとっては重宝しそうなサービス。

このような感じでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

サイトを見てみましたが、デザイン性も非常に高かったです。また、GMO傘下の金融サービス・GMOあおぞらネット銀行と紐づいているので、信頼感が高いと言えそうです。

手数料は3%~10%と比較高いと言えるかもしれませんが、すぐに現金が必要という場面においては重宝するサービスかもしれませんね。

利用すれば利用するほど、与信スコアも上がっていき手数料が低くなったり、即日払いの限度額が上がっていったりするなど、長期的に利用できる仕組みにもなっています。

 

貯金をしている方にとっても、与信が簡単に使えるサービスとして使えるかもしれませんね。

気になった方はぜひチェックしてみてください。それでは!

FREENANCE(フリーナンス)の公式ページはこちら

フリーナンス公式