学研のカードでピピッと はじめてのプログラミングカーとは?価格や評判は?

学研のカードでピピッと はじめてのプログラミングカー キャリア

[chat face=”pon1.jpg” name=”ポン” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]こんにちは!フリーランスエンジニアのポンです。
私はいわゆるプログラミングをすること中心にエンジニアとして働いているんですが、少し前に独立して現在はフリーランスとして活動しています。[/chat]
プログラミングって始める前には少し難しいように感じますよね。特に周りにITなどで仕事をしている人がいないとよけいにそう感じるかもしれません。

カードでピピッと はじめてのプログラミングカー(以下、カードでピピッとを省略)って最近知ったんですが、今回はこれについて紹介していきたいと思います。このおもちゃは日本玩具協会が毎年実施している「おもちゃ大賞2018」で大賞を受賞し、非常に話題になっています。

はじめてのプログラミングカーとは?

はじめてのプログラミングカーとは学研から発売された子供用のおもちゃで、3つの能力を養うために作られました。

①やり抜く力

②ことば化する力

③論理的に考える力=プログラミング的思考

この3つは確かにプログラミングをする上で最も大切なことかもしれません。実際にこちらの動画をみていただいた方がざっくり理解する上では早いかもしれません。


この動画を見ていただいたら分かると思うのですが、実はプログラミングを学習するためのおもちゃではないということです!あくまでプログラミングに必要な思考回路を身に着ける、それが目的なんですね。

小学校でプログラミングが必修化

はじめてのプログラミングカーができた背景としては、2020年の小学校におけるプログラミング教育の必修化です。昨今私の周りでもエンジニアが増えていますし、また日常生活においてもITの影響が非常に大きくなってきています。

例えばスマートフォンを使う時間が年々増えていっていますし、パソコンを日常的に使う職業も増加しています。これはすべてITと言える分野で、エンジニアが設計したものです。
またAIという言葉も非常によく使われていますが、近い将来身の回りの家事だったり、会社における事務作業だったりをAIが代行して行ってくれるようになるかもしれません。そう考えると今後の社会に生きるうえで、プログラミングを学ぶことが必須ということで、2020年から小学校でプログラミング教育が必須化されるわけです。

私もIT業界で働いていますので、このプログラミング教育の義務化自体は非常に良いものだと思います。ただ、ここで一つの疑問が沸き上がってきますが、小学校でプログラミング教育が義務化されるとして、どうやって周りにいる先生や親が教えるのか?ということです。

この問題の解決に一役買ってくれるのが、このはじめてのプログラミングカーというおもちゃなのです。

価格や対象年齢は?

では気になる価格はどうなっているんでしょうか?
参考小売価格は6,458円ですが、2018年12月3日現在はAmazonで4,034円と38パーセント割引で販売されています。

中古品などが市場に出回ってくれば、4,000円以下で買うこともできそうですね。実際にこの記事の執筆時点で3,800で販売されているところを発見しました。新品で買わなくてもよいという方はメルカリなどで中古品も探してみるとよいのではないでしょうか?

また対象年齢としては、3歳以上(未就学児向け)と記述があります。3歳以上で遊べるということなので、それ以上の方は問題なく遊べると思います。

コストコやAmazonで購入可能!

コストコやAmazonなどで購入することが可能です。
コストコでは時期によって変化はあるかもしれませんが、記事執筆時点では3,880円で売られているそうですよ。また、上記しましたが、中古品などを探せばより安く手に入れられるかもしれません。

Amazonで購入したい方はこちらからどうぞ。(この記事の執筆時点では4,034円と38パーセント割引で購入することができました。)
Amazon

気になる評判や口コミは?

ではこのはじめてのプログラミングカーについてどんな口コミがあるんでしょうか?twitterなどで調べてみたところ、

・ボードゲームみたいに遊べそう。目的を決めてそこまで最短で行けるゲームという風にすれば子供の論理的思考は養えそう。

・とりあえず購入してみた。息子には少し難しいと思うけど、楽しんでいるので良かった。

・2020年度の小学校で必修化されるプログラミング学習に遊んで備えるおもちゃ!学研さんから発売されているのでお勉強になる玩具って感じです。クリスマスプレゼントでとりあえず買ってみた

・こういうのを買ってあげて賢い子供になってほしい。でもやっぱ無題になるのかな〜

・誕生日に買ってあげるものとして、ピタゴラスかマグフォーマーか、今年のおもちゃ大賞のはじめてのプログラミングカーか。磁石系のおもちゃは結構高い笑

・息子は昨日お父さんに必死のプレゼンが認められゲットした『カードでピピッとはじめてのプログラミングカー』に夢中になっていた

良い意見だけでなく、こんな意見もありました。

・妻が面白そうということで購入。車が少しのしわなどで止まってしまい、結構なストレス。コンセプトは面白いが、少し質に問題があると思うけど。

・これはプログラミングというのだろうか???あまり関係ないよね

と一つの遊び道具として認める声はありますが、これでプログラミングが身につくかと言われると若干の疑問が残ります。
個人的にも「プログラミングの素養」は身に着けられることはあっても、それ自体は身につかないような気はします。3歳以上のお子さんを対象にして、プログラミングの考え方などを学べるおもちゃなので、少なくとも過度な期待はしない方がよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今のところ賛否はありますが、一つ話題の商品として買ってみるのもよいと思います。小学校程度であれば、こうしたゲームを通して遊ぶことは重要ですし、そのプロセスを通して学べることもたくさんあると思います。

またゲームをみんなですることで、コミュニケーション能力を養うことはできると思いますし、これはエンジニアとして周りと協業して働くときに必要なことでもあります。
ということで、ここまではじめてのプログラミングカーについて紹介してきましたが、参考になれば幸いです。それでは!

タイトルとURLをコピーしました