キャリア

intee(インティ)は大学生向け無料のIT教育提供と逆求人イベントが特徴のプログラミングサービス

ポン
ポン

こんにちは!フリーランスエンジニアのponです!

今回は無料のIT教育の提供と逆求人イベント、が特徴の大学生限定プログラミングサービスのinteeを紹介します。HTML/CSS、Ruby on Railsなどが無料で学べるので、やる気のある大学生にはおすすめです!

inteeはITプロパートナーズが運営する、大学生限定のプログラミング学習サービス

【intee】は株式会社ITプロパートナーズが運営する、大学生限定のプログラミング学習サービスです。
このサービスは学生にプログラミングの学習と、就職支援イベント事業の両方を提供する、というもので、HTML/CSS、Ruby on Railsが完全無料で学べる上に企業からの逆求人イベントに参加することができます。

株式会社ITプロパートナーズは2015年2月に設立されていて、intee もまだ始まって間もないサービスですが、無料でプログラミング学習を受けられるということと企業も優秀な学生をスカウトできる、ということで大学生・企業両方の注目を集めています。

inteeの仕組み

1.サービスに応募した学生をinteeの担当者が選考しGMARCH以上の学生が選抜される
2.選抜された学生にIT教育を無料で提供
3.逆求人イベントに学生と企業が参加、もしくは企業が学生をスカウトする

無料のプログラミング教育を受けるのに面接がある、しかもGMARCH以上というのが厳しい気もしますが、無償で教育を受けられるということなので当然とも言えますね。やる気のある・意識の高い大学生が選ばれるので、学生時代に様々な経験をしてそれを就職に生かそうという人にはぴったりだと思います。

学生にとってのinteeのメリット

・無料でHTML/CSS、Ruby on Railsが学べる
・メンターの手厚いサポート
・逆求人イベントに参加して、就活への準備を行える

・無料でHTML/CSS、Ruby on Railsが学べる

約20万円相当のプログラミング教育プログラムを、面接で採用された学生は無償で受講することができます。
学べるのはRuby on Rails・HTML/CSS・Bootstrap・Git/GitHubで、最終的にマイ本棚アプリというものを作成します。
言語を学んで実際にアプリを作ることで、未経験者でも1から実際にWEBアプリケーションを作るのに必要なスキルを学ぶことが可能です。

少しだけ語句を説明しますね。

Gitは分散型でファイルのバージョン管理をするシステムで、ファイルを過去の状態に戻すことが可能で、他人のファイルを知らない間に書き換えてしまうということを防ぐことができるシステムです。

またBootstrapはウェブサイトを開発するためのフロントエンドのフレームワーク(システムを効率化させるための機能群)です。Bootstrapを利用することで簡単に整ったデザインのページを作ることができます。
BootstrapやGitも学ぶことができる、というのは他のプログラミングスクールにもあまりなく、より実践的なスキルを身につけることができます!

内容について体験した方の口コミによると、1から細かいところまで詳しく教えてくれるので初心者にはおすすめですが、経験者には少し物足りないかもしれないということです。
また、他の有料プログラミングスクールの内容と比べると少し劣っているが、カリキュラムはかなり充実しているというものがありました。

・メンターの手厚いサポート

Inteeでは一人ひとりにメンターが付き、週に2回のビデオメンタリングやチャットでの質問対応など、サポートがとても充実しています。
メンターも現役のエンジニアで質が高く、細かいところまで質問も丁寧に答えてくれるとのことです。

・逆求人イベントに参加して、就活への準備を行える

Inteeのプログラミング教育を受けた学生は、最低3回の逆求人イベントへの参加が義務となります。逆求人イベント、とは企業が興味を持った学生のもとに行き、学生が自分についてプレゼンを行って企業と学生のマッチング、企業のスカウトを行うというイベントです。
参加できないと罰金もあるそうですからそこは注意ですが、多くの人と話すことで自分の知
見を広げたり、企業とつながりをもてたり、実際の就活での面接練習になったりと利点は沢山あります。
また、イベント以外でもエントリーシートの添削や面接練習など、実際の就活にかなり役立つサポートもあり、就職支援としてはかなりのものだと思われます。

学生同士で交流するイベントもあるそうなので、ほかの学生との横のつながりができるのも嬉しいですね。

企業にとってのinteeのメリット

・選抜されたITスキルをもつ学生を採用できる
・安価に就活イベントに参加できる

企業は逆求人イベントに参加する際に。協賛金をinteeに支払います。この協賛金が大学生のプログラミング料とinteeの収益となります。
しかし、この協賛金の金額はほかの就職斡旋会社のイベント参加金よりも安い、とのことなので企業は安価に優秀かつITスキルをもつ学生と出会えるんですね。
また、スカウトサービスも行なっているそうなので、企業側にもかなりのメリットがありそうです。

inteeの口コミ・評判

実際にinteeのサービスを体験した方の口コミや評判を紹介します。

・いままで、Progateなどの様々なプログラミング教育サービスを使ってきたが、inteeのカリキュラムは最も細かいところまで詳しく教えてくれるように感じる。
・RubyonRailsについてはエンジニアになるにはinteeだけの知識では即座にというのは難しそう。
・基礎から学べたので確実にスキルアップできた。
・面接ではバイトでもサークルでもインターンでも良いので、きたことを自信を持って伝えると良いかと思う。
・面接時間は30〜40分で運営側からは意識の高い学生を積極的に集めている意図が読み取れるので、必然的に採用される学生もそういったタイプが多かった。
・逆求人イベントはITベンチャーが参加することが多く大手志向の学生には暇に感じられるかもしれない。
・様々な社会人の方から、多様な視点やアドバイスなどをもらえたので、逆求人イベントに行ってよかった。

などの口コミ・評判がありました。プログラミングのカリキュラム自体は初心者向けではありますが、メンターのサポートもありかなり満足している声が多かったです。
逆求人イベントは、参加すると自分の市場価値などもわかり辛いこともあるが、企業の方と話すことで知見が広がってよかった、という意見がありました。辛い分やりがいと得られるものも多そうですね。

まとめ

今回は大学生向けに無料プログラミング教育を提供し、企業と学生のマッチングを行うinteeについて紹介しました。
無料でプログラミング学習できるというのは大きいですし、その後の逆求人イベントも辛い点もありますが自分の知見を広げるにはかなり良い経験となると思います。
やる気のある大学生の方にはおすすめですね!

公式サイトはこちら
https://intee.jp/