キャリア

データサイエンスを学ぶ場を!データサイエンスアカデミー学長・和田さんにインタビュー!

データサイエンスを学ぶ場を!データサイエンスアカデミー学長・和田さんにインタビュー

21世紀で最もセクシーな職業は「データサイエンティスト」である

世間ではそんな言葉が言われていますが、そのデータサイエンティストを育成する学校がデータサイエンスアカデミーです。今回はそのデータサイエンスアカデミーの学長である和田陽一郎さんにお話を伺いました!

データサイエンスアカデミー公式ページ
https://d4c-academy.org/

データサイエンスアカデミーができた経緯・背景は?

人材不足・就業困難のミスマッチを教育メニューで結べば問題が解決するよねーという発想でデータサイエンスアカデミーをつくりました。

現在、データサイエンスを使う業務を遂行できる人材が不足しています。人材不足で1人が担う仕事量も多い一方で、データサイエンティスト志望の未経験者も増えてきていますがデビューできるチャンスがないのが現状です。

データフォーシーズは10年以上新卒者をデータサイエンティストに育ててきていて、未経験者を世に出していく教育メニューをずっと作り上げてきました。データサイエンティストのスキルは幅広くあるのですが、当社はデータサイエンティストとしてデビューするには何を知っておくべきかしっかりと理解しています。

データサイエンスアカデミーの特徴・強み

強みは全部で3つあります。

・実務者を育てる事ができる
・講師が本当にプロジェクトを回してきた人間である
・幅広いバックグラウンドの人間を育てた経験がある

1.実務者を育てる事ができること

実際にデータサイエンスの業務をする人を育てる事ができます。その後は、私たちがデータサイエンスを使って実際に業務を行なっている人に対してサービスを提供してきた会社なので、業務を行なっている方たちとのつながりで就職先の紹介が可能です。

2.講師が本当にプロジェクトを回してきた人間である

企業研修もサポートしています。データサイエンス未経験でこれからやりたいという企業から研修としてきている受講生に、会社に帰って分析業務をやる・プロジェクトを進めるところまでをサポートすることが可能です。また、ユーザーと分析課題とデータの仕様を握ったりする部分をインターンでサポートを行っています。

3.幅広いバックグラウンドの人間を育てた経験があること

学生、社会人、文系、理系、20代、40代 など、年齢や経歴に関係なく様々な人にデータサイエンスを教えてきました。

データサイエンスアカデミーの思い

「実際にデータサイエンス業務に就く人を育成する」ということです。何か覚えて、ソレを使って働くってとても楽しい行為なわけで、我々はデータサイエンスが得意なので、ソレを通じて、人生楽しく過ごせる人を多くできると良いと思っています。データサイエンティストの人材不足や、なりたくてもどうやってなったらいいかわからないといった問題点を解決したいという思いがありますね。

どんな人に受講してほしいか

まず、データサイエンスの業務に就きたい人に受講してもらいたいですね。もちろん、スクールなので色んな目的を持っている人がいると思っています。例えば、教養としてデータサイエンスを知っておきたいといった方もいるかもしれません。
当スクールで習ったことを使って何かをやりたいという人に来て欲しいし、そういう人を育てることが僕らのミッションだとも思っています。

また、物流業界の人でも、広告業界の人でも、データがあって、そのデータに基づいて何か判断したいという方だったら誰でもいいし、あるいは今までそういう仕事に就いたことはないけどこれから勉強していきたい文系出身の方でも受講して欲しいと思います。

実際にデータサイエンス業務に就きたい人、やはり実際に就くってことが非常に大事だと思っていて、うちのカリキュラムは実務で使うものをばかりを勉強します。流行りのものだけを取り上げることはせず、本当にデータサイエンス業務で使う必要なことを教えていきます。なので、本当に現場で使いたい人にぜひ受講してもらいたいですね。

文系の方でもデータサイエンティストになりたい方は増えてきているか?

年齢や、文系・理系問わず増えてきてると思います。間違いなく興味がある方は年々増えてきていますね。
ただ、文系出身者の方の受け皿が少ないのが現状ですね。まだまだ文系出身の方や、未経験の方に教える教育メニューを持っている企業は少なく、経験者に比べて就職の難易度は高いかなと思います。とはいっても、データサイエンスの業務は、いってしまえば文系・理系問わず学べばある程度まではできるようになると思っています。

今後の展望は?

地方展開・海外展開

まず地方展開・海外展開を推し進めていきたいですね。都市部、特に東京の人材不足は甚だしく、データサイエンスの仕事は、技術的にはテレワークでもできるので、どんどん地方でやっていきたいです。

コースを増やす

そしてもっとコースを増やしていきます。実際、企業の経営層とかボードメンバーの人って、今から何か月もプログラミングなどから学んでといった時間がないのが実情です。でも技術のエッセンスだけでも理解したいって人はいるわけで、そういう人に何か提供したいなと思っています。

大学と連携して次世代を育てたい

また、大学などと一緒に次世代を育てていきたい。今、大学は「会社の役に立つ人」ってところに過度にスコープをあてていて、大学の良さを失いつつあると思います。「会社の役に立つ人」は我々が育てればいいと思っているので、大学とは常に連携を図り、 大学は大学の良さを光らせ、我々は我々の良さを出していき、一緒に次世代を担う人材を育てられればいいなと思っています。

最後に、人材不足な業界にも関わらず、未経験だと就職が難しいという問題があるので、文系・理系問わずできる業務があるならそれを少しずつやっていきましょうという流れを私たちが先頭に立って作っていきたいですね。

現在、企業では、現役のデータサイエンティストがデータサイエンスに関わる業務を全て行なっているという現状なので、能力合わせて適材適所ができれば、未経験の方でもデータサイエンティストとして活躍していけると思います。

データサイエンティストになりたい人を育てつつ、受け入れる企業に対しても受け入れ方をサポートしていきたいですね。

データサイエンスアカデミー公式ページ
https://d4c-academy.org/

データサイエンスアカデミーはデータサイエンティストを目指す人のための実践的な本格派アカデミー!こんにちは!フリーランスエンジニアのponです。今回はデータサイエンスアカデミーについて紹介していきたいと思います。 データサイエンス...