キャリア

株式会社ペリテックのエムセップ Kids STEM ロボットプログラミング教室について紹介!

株式会社ペリテックのエムセップ Kids STEM ロボットプログラミング教室
ポン
ポン
こんにちは!フリーランスエンジニアのponです。
株式会社ペリテックが子ども向けに開催しているエムセップ Kids STEM ロボットプログラミング教室を紹介します。

エムセップ Kids STEM ロボットプログラミング教室とは

エムセップKidsでは、自分で考え行動できる子、自己肯定感の高い子、最後までやりきる子、自分の考えを表現できる子を目標にしています。

https://www.peritec.co.jp/training/stem.html

運営会社は株式会社ペリテック

株式会社ペリテック(Peritec Corporation)
【本社】
〒370-0862 群馬県高崎市片岡町1-17-2
TEL 027-328-6970 FAX 027-322-7218

【開発センター】
〒370-0862 高崎市片岡町1-6-21

【神奈川事業所】
〒242-0029 神奈川県大和市上草柳6-6-20
TEL 046-244-0994

【東京営業所】
〒141-0031 東京都品川区西五反田2-27-4 明治安田生命五反田ビル3F

【名古屋営業所】
〒448-0807 愛知県刈谷市東刈谷町3-9-3 大脇ビル
TEL 0566-62-5721

授業員33名

代表取締役社長 井澤 年宏(いざわ としひろ)

1985年3月に創業
ロボットプログラミング教室の他にも産業機器の販売、受託開発をやっています。

エムセップ Kids STEM ロボットプログラミング教室の特徴

1.個人学習とグループ学習など学び方によって選べる3つのコース

月に通う回数によって3つの中からコースを選べ、子供の生活に合わせて時間も選択できます!また、子供の成長に合わせてより発展的なプログラミング学習ができる4つのコースが用意されています。さらに、学校の春休み・夏休み中には「大会コース」も開催されます!

2.講師は現役のエンジニア

将来のエンジニアに必要な知識やモノづくりの楽しさを現役のエンジニアから教われる環境が整っています。

3.子供たちの成長に合わせて学習課題を提供

少人数の教室で子供ひとりひとりがそれぞれの学習進度に合わせた課題に取り組みます。課題は、チェックシートで達成度が「見える化」されていて、講師からのコメントもチェックシートで確認できます!また、その日の成果を発表する時間があるのでお互いを認める心や協調性も身に付きます。

エンジニアはコンピューターオタクと思われておりコミュニケーションの重要性を語られることは少ないのですが、実はチームワークを大事にする文化があります。一つのプロダクトをチームで作って行くので、個々人がどのようにコードを書いたり、普段から振る舞ったりするかなどは重要です。少人数で密なコミュニケーションを取れる訓練にもなるので、特に小さいお子さんにも一人でなく、複数人で学ぶことはおすすめです!

学習コースと料金

学習コースは全部で3種類用意されています。また、クラスは4段階に分かれていて、子どもの成長に合わせてクラスが進級します。

・ビギナーコース

対象学年 小学3年生~高校生
受講回数 月1回
受講時間 1回180分
料金 2,500円

・ベーシックコース

対象学年 小学3年生~高校生
受講回数 月2回
受講時間 1回180分
料金 5,000円

・アドバンスコース

対象学年 小学3年生~高校生
受講回数 月4回
受講時間 1回180分
料金 10,000円

・ブロンズクラス

個人学習でプログラミングの基礎やセンサーについての知識、ロボットの組立の基礎を学ぶクラス。

・シルバークラス

個人学習でプログラミングの応用やセンサーの使い方、ロボットの組立の応用を学ぶクラス。

・ゴールドクラス

プログラムの仕組みや高度なセンサーを使用した制御について学習し、ロボットを制作するクラス。制作したロボットで大会に参加します!

・プラチナクラス

グループ学習で高度なプログラミング「LabVIEW」について学習し、課題に合わせたセンサーの選定やロボットを自作するクラス。制作したロボットで大会に参加します!

教室は高崎市片岡町のみとなっています。高崎市内では初の子供向け教室となっています

エムセップ Kids STEM ロボットプログラミング教室の口コミ・評判は?

2019年2月2日開校となっており口コミ・評判はまだ見当たりません。
12月、1月と少人数の無料体験教室を開催しているのでまずは体験してみましょう!

まとめ

学習指導要領の新しくなり、2020年から小学校でプログラミング教育から始まります。
自分のお子さんにもっとプログラミングできるようになってほしい、興味持つようにはどうすればいいの?勉強させるにはどこへ行けばよいのか親の悩みが出てきます。
現役のエンジニアによるレゴ® を使った教育機材で学べるのはとてもよい勉強となります。

また現役エンジニアに教えてもらうことで、プログラミングへの興味を深めたり、IT業界自体への理解へと繋がったりすることもありそうですね!
ぜひ気になる方はチェックしてみてくださいね!