フリーランスエンジニアは孤独で寂しいのか?対策は?

フリーランスエンジニアは孤独で寂しい? キャリア

こんにちは!!孤高のフリーランスエンジニアのポンです笑

よくこの質問って聞かれるんですよね。

フリーランスって孤独なの?寂しいの?って。

 

正直そんなに寂しくないです。

というのも最近はかなりフリーランスも増えてきていますし、人に会いたいなと思ったら結構会える環境だからです。

とはいえ、元々私はあまり一人でいても寂しさを感じない性格ですし、こうしたことも起因しているかもしれません。

この記事ではそんなフリーランスのライフスタイルや孤独・寂しさの解消法について書いていきたいと思います。

フリーランスの仕事は一人ということは多い

フリーランスの仕事は一人、これはフリーランスという働き方からすると仕方のないところではあります。企業に常駐するにしても案件ベースで仕事をすることが多いですし、なかなか企業の一員としては自分も思えないですし、周りもそう扱ってはくれません。

そのため孤独や寂しさを感じてしまうことが多いのではないでしょうか。

とはいえ、プロジェクトで携わる他のメンバーとは仕事をしっかりこなしつつ、適切にコミュニケーションをとっていけば信頼を勝ち得て、それ以後の付き合いに発展することもありますし、この辺りも自分次第かなという気はします。

 

また、リモートワークが増えれば、なかなか人に会う機会が減ってくるなどとお考えの方もいらっしゃるのではないかと思います。そんな方にはもくもく会やコワーキングスペースの活用がおすすめです。

もくもく会やコワーキングを活用

最近フリーランスはエンジニアに限らず、ほかの領域でも驚くほどの勢いで増えていっています。私の周りでもデザイナーのフリーランスは当然として、マーケティングのフリーランス、人事のフリーランスなど色々な職種で増加しています。

ランサーズが公開したフリーランス実態調査2018年版によると、日本では1,119万人のフリーランスがおり、労働人口の17%を占めるようになってきています。だから周りにもこうした人はかなり増えているというのが個人的な実感です。

 

こうした背景もあって、昼間からもくもく会を開催するという事例も出てきています。例えば、エンジニア向けのイベント・勉強会をまとめたサイトConnpass(https://connpass.com)を見ると朝から、昼から開催というもくもく会も開催されています。

またコワーキングスペースを活用するというのも一つ寂しさを解消する方法ではないでしょうか。

単にドロップインで使うということではなかなか知り合いが増えず、かえって寂しい思いをするだけになるかもしれませんが、最近はコワーキングスペースでもイベントを開催するところも多くなってきています。よく使うコワーキングスペースを決めており、さらにこうしたイベントにも参加してみるとすぐに知り合いも増えていくのでは?と思います。余談ですが、Weworkは近年コワーキングスペースで成功している企業ですが、このイベントやコミュニティ形成というところに着目して、運営しているのは時代を感じますね。

一度こういうコミュニティに入ってしまうと、意外と連鎖的に知り合いが増えることが多く、もくもく会などの勉強会やコワーキングスペースはうまく活用していきたいですね。最初は溶け込めるかなと不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、自分と同じような友人を作りたい人は多いので、話かけてみるとよいと思いますよ。

一人で楽しめる趣味を作る

寂しさの解消法として、一人で楽しめる趣味を作るのも大切です。

昼間にできるものとして、ジムにいって体を鍛える、銭湯で一汗かいてすっきりするなどもおすすめです。

また音楽を聴く、将棋を指すなどといった趣味を持つこともよいかもしれません。

好きな趣味を追及していく中で、孤独はまぎれますし、その趣味を通して知り合いや友人ができるということもあります。

私は将棋が好きなのですが、たまに街中の将棋クラブにいって将棋を指すことがあります。将棋クラブにいけば、その将棋クラブを運営しているオーナーやそこに通っている常連さんなどと将棋を通して知りあうことができます。

家族や友人を大切にする

また家族や友人をこれまで以上に大切にすることも大切ではないでしょうか。長く付き合う家族や友人は自分の人生の中でも重要です。

私もフリーランスになって、周りの人の大切さを認識することでこれまで以上にこうした人たちの重要性に気づきました。

・たまに一緒にご飯を食べる

・相手が困っていることがあれば助ける

・ラインなどのメッセージを送る

・相手の状況や関心を聞く

・誕生日にメッセージやプレゼントを贈る

などできることはたくさんあるはずです。

自分の生活の基盤になっていることを忘れず、大切にしていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

普通の職場にいても、実際に実務を行うことは自分ひとりだったりしますし、フリーランスだから寂しいということはないんじゃないかと個人的には思っています。

ここに書いてあることを参考にして、ぜひ充実したフリーランスライフを送ってみてくださいね。それでは!

タイトルとURLをコピーしました