キャリア

英語とプログラミングを学習できるKredo(クレド)!

英語とプログラミングを学習のKredo(クレド)
ポン
ポン
こんにちは、ポンです。
今回は英語力とプログラミングスキルを同時に上げることができるKredoについてご紹介します。フィリピン政府公式認定校として国からも認められているしっかりとして学校ですので英語力やプログラミング力を高めたい方は要チェックです!

Kredoとは

【Kredo】はセブ島に本社を置くKREDO IT ABROAD INC.が運営するサービス。2016年8月に設立された会社で、フィリピン政府公式認定校としてセブ島では唯一、ITの学校として政府からの認定を受け学校運営をしている。

https://kredo.jp/

Kredoの魅力は留学コースが非常に多い

Kredoでは英語とプログラミングスキルを学ぶという目的は1つですが、留学サービスとしてとても多くのコースを持っています。

・英語カリキュラムコース
・新Rubyコース
・0円留学プラン
・海外ITインターン留学(×LIG Philippines Inc.)
・親子留学 Kredo Kids
・IT/英語ジュニアキャンプ

・英語カリキュラムコース

Kredoの英語カリキュラムコースでは3段階でカリキュラムが構成されています。基礎英会話→ビジネス英語→IT英語です。入学前に行う留学カウンセリング、入学時の1対1のカウンセリング、英語レベルチェックテストによってその方のレベルに応じたカリキュラム/トピックを選択することができます。留学中は教員とのマンツーマンレッスン以外にも、少人数グループで聞く・話す・読む・書くなどの技能を鍛えていきます。

1日の過ごし方としては

9:00 –  9:50 マンツーマン英語レッスン
10:00 – 10:50 マンツーマン英語レッスン
11:00 – 11:50 マンツーマン英語レッスン
12:00 – 12:50 マンツーマン英語レッスン
13:00 – 14:00 昼食
14:00 – 14:50 マンツーマン英語レッスン
15:00 – 15:50 マンツーマン英語レッスン
16:00 – 16:50 少人数グループクラス
17:00 – 18:00 少人数グループクラス

という構成担っています。1日8時間、6コマのマンツーマンレッスンと2コマのグループワークというバランスで授業を進めていきます。
英語のレベルとしてはBeginner, Beginner, Pre Intermediate, Intermediate, Upper Intermediate,Advancedと6つの段階で分類されて授業を展開していきます。

・新Rubyコース

学習しやすく汎用性が高いRuby on Railsと英語を学ぶことができるコース。
コースは3つに分かれており、基礎コースは1ヶ月間でHTML,CSS,Ruby,Ruby on Railsなどを使いながらSNS型アプリケーションを作ります。
応用コースは1ヶ月でRuby on Railsを使ってEラーニングシステムの開発をします。
マスターコースでは基礎コースと応用コースを合わせた2ヶ月のコースです。

基礎コースではRuby on Railsの基礎知識の取得と簡単なアプリケーション作成、エラーへの対処ができることを目指します。応用コースではデータベースの設計と、データベースを使ったアプリケーション開発が出来るようになることを目指しています。

・0円留学プラン

Kredoでは留学・研修・サポートの5ヶ月間のコースで研修費用を全て無料で受けれるという0円留学のコースがあります。毎回10名限定です。
これはKredoだけでのサービスではなく、Kredo IT Abroadとインターノウス株式会社が協力して行っているプランであり1ヶ月間のセブ島でのIT留学に加えて3ヶ月間のinternousの国内での研修があります。

具体的にセブ島留学では、IT授業を1日4時間・英語授業を1日2時間という構成で週5日1ヶ月間行われます。帰国後研修では1日8時間週5日で3ヶ月間Javaを中心にJavaScript、JSP、Servletなどを学びます。帰国後研修が終わり次第就職サポートになり、就職まで行うという5ヶ月間のプログラムです。
フィリピンへの往復費用、宿泊費用、研修費用、国内での研修費用などは全て無料です。

・海外ITインターン留学(×LIG Philippines Inc.)

毎月先着5名限定でインターンを行うことにより通常よりも5万円オフになるコースです。KredoでIT×英語の基礎を3ヶ月間学び、 LIG Philippines Inc.にてさらに3ヶ月間実務に携わりITと英語のスキルの獲得を目指すという6ヶ月間のプログラムです。
メリットとしてはLIG Philippines Inc.は実際の開発会社でデザインや機能要件を上流工程から設計することを得意としており、様々開発案件に関われる可能性があるということです。

・親子留学 Kredo Kids

Kredoでは、これからのこどもたちは世界的な英語の普及やグローバル化を受けてますます英語能力の向上が求められてきます。Kredoの授業コースは全部で5つに分かれ、赤ちゃん向けカリキュラムから中学生のお子様まで0歳〜全ての年齢に対応しています。
baby、preschool、elementary school、elementary school(高学年向け)、junior high schoolなど多くのカリキュラムがあり、こどもの成長・発達度合いに応じて対応することができます。
また家庭には専属の家政婦が着くので小さなおこさんがいる方などでも一緒に留学が可能です。

・IT/英語ジュニアキャンプ

10名限定で行うこども向け短期留学プログラムです。5歳〜15歳を対象に年に2回、18日間セブ島で留学します。1日7時間のマンツーマン&少人数グループでのレッスンや現地アクティビティなどを行い英語力の向上を図ります。英語キャンプとIT×英語キャンプの2つがあります。

校舎と宿泊先はセブ島でも超安全なITパーク!

校舎や宿泊先はセブ島でも安全で治安がよく、便利なITパークで行われます。ITパーク自体は私も2018年の秋にセブ島へ行った際に視察しましたが、マイクロソフトなどの大手IT会社が経済特区ということで入っており非常に整備されて清潔な町並みでした。この辺は圧倒的に治安が良く、セブでも最大級のショッピングモールであるアヤラモールへもタクシーで5分程度ということで非常に快適に生活ができるでしょう。

気になるKredoの評判や口コミは

Kredoの評判や口コミですが、かなり良いようです。セブ島やフィリピン自体に対するマイナスのものはありますが直接Kredoに対しての悪いものは見かけませんでした。授業に関してはITの授業も英語で行うため結構スパルタとのことですので、留学を行う場合はある程度覚悟を決めてからいかないと大変になりそうです。

まとめ

いかがだったでしょうか。
様々な留学の仕方を持つKredo!英語漬けの留学を行うにはピッタリのサービスです。おこさまがいらっしゃる方などでも留学が可能ですのでぜひ問い合わせてみてください!
それでは!