キャリア

未経験者がフリーランスエンジニアを目指すべき理由

未経験者からフリーランスエンジニア

こんにちは!フリーランスエンジニアのポンです。最近プログラム未経験なんだけどフリーランスを目指すべきか、って質問が来ました。

近年Progateやテックキャンプなどのプログラミングスクールも非常に増えてきて、そこでフリーランスという言葉がよく使われているからでしょうか?

こちらにProgateの記事も書いているので、未経験の方はぜひ読んでみてください!

Progate(プロゲート)をやったらフリーランスエンジニアになれるのか?

目指すべきかと聞かれると目指してもいいと思います。

この記事ではなぜ目指すのか?について述べていきたいと思います。

自由な働き方を得られる

フリーランスエンジニアは自由を得られるというのはよく言われることかと思います。もちろんフリーランスとして駆け出しのころは、常駐なども多くなる場合があるので、そんなに自由でないこともありますが、「時間」「場所」「人間関係」に縛られない働き方が可能です。

勤務時間に縛られない

まず勤務時間を自分でコントロールすることができるようになります。最近は企業でもフレックス制を採用するところも増えてきましたが、まだまだ多くの企業で勤務時間が決まっているかと思います。

勤務時間が決まっているということは、満員電車にも乗らなければいけない可能性もあり(特に東京での勤務なら)これは多くの人にとって避けたいことの一つではないでしょうか。

また土日ではなく、平日に休みを取ることも可能です。土日に遊びに出掛ければ、多くの場所は混んでいるというのが現状ではないでしょうか。自分で休む日を決められれば、込み合っていない遊び場に行くことも可能です。

フリーランスエンジニアであれば、自分で仕事の時間を決めることができるため、こうした悩みはなくなりますよね。

勤務場所に縛られない

また、場所についても自由を得られる可能性があります。常駐案件と比較してリモートワークの案件は少ないですが、ありますしリモートワークであれば、海外で生活しながら働くことも可能になります。

今We workなどのコワーキングスペースが増えているのも場所にとらわれない働き方が増えているからです。エンジニアであるなら、よりこうした働き方をすることは易しいはずなので、ぜひこれも目指す価値ありです。

人間関係に縛られない

合わない上司やチームメンバーのいる場所で働かなくもよいというのはフリーランスエンジニアのメリットでもあります。企業で働いていれば、たまにどうしても合わない上司やチームメンバーに遭遇します。

企業に属しているなら、その場から逃げようがない場合が多く、馬が合わない上司やチームメンバーとも付き合わなくてはなりません。しかし、フリーランスであれば働く案件も選択可能ですので、そうした人とは付き合う必要がありません。

高収入を得られる可能性も

会社に属していると組織に守られているため、多くの場合給与も抑えられがちになります。しかし、フリーランスエンジニアであればクライアントと対等の関係になりますから、より高収入を得られる可能性があります。

もちろんそれには自分で請求書を送ったり、確定申告を行ったりといったことなどを自分で行う必要があるのですが、それでも企業が得ていた利益分の収入をフリーランスとして働くからこそ得られるところは大変魅力的ではないでしょうか。

背景はエンジニアの求人倍率の高さ

一応ではなぜフリーランスエンジニアになれるのか?ということも書いておきたいと思います。今非常にエンジニアの需要が高く、企業はエンジニアを採用できなく困っているところが多いためです。

アベノミクスが始まって、求人倍率も上昇していますが、特にエンジニアの求人倍率は色々な職種の中でも高くなっています。

DODAより

また旧態依然とした会社もIT化が必須になると言われている時代です。

マッキンゼーの元日本代表である大前研一氏は「近い将来すべての企業がソフトウェアの会社になるという確信を持っている」と述べています。

会社の機能を分解してみると様々なところにソフト化、自動化ができる余地があるとわかります。人事、会計、税務に加えて、営業やカスタマーサービスももっとソフト化や自動化が進むのは明白でしょう。

こうしたソフト化や自動化を推進するのはエンジニアなわけですから、必然的にエンジニアの需要は高まります。

こうした理由を背景になりますが、フリーランスでは企業という枠にとらわれないため、様々な自由がある他、高収入を目指せます。こうしたデータも参考にしながらぜひ検討してみていただけるとよいかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

フリーランスというのはひとつ非常に魅力のある働き方ではないでしょうか。これからエンジニアを目指す人に参考になれば幸いです。ぜひプログラミングやエンジニアとしての働き方を習得して、フリーランスを目指してみてくださいね。

それでは!