キャリア

フリーランスエンジニアは海外でノマド生活はできるか?

フリーランスエンジニアの海外ノマド生活

こんにちは、ポンです。今日はいわゆるノマド生活や特に海外での仕事などについて書いていきます!

実際に海外ノマド生活をやってみた!!

ノマドワーカーとはいわゆるノートパソコン1つでどこでも仕事・作業できる人のことです。実際に私が何度も体験したノマドワーカーとしての感想を書いていきたいと思います。

海外ノマド生活のメリット

好きな場所で仕事ができるため飽きづらい

基本的にWi-Fiさえあればどこでも仕事ができるのがノマドワーカーの特徴です。私はMacBookProを使っていますがバッテリーも7,8時間程度は持つためサクッと仕事をしたいときなどはオススメです。ドリンクバーなどがあるショップだとなおさら仕事が捗りやすいです。

外で人と会ったりする際には色々と楽

プライベートでも仕事でも外出先で人と会う際にもオススメです。集合時間よりもどれだけ早く行っても、待ち合わせに遅刻されても自分の時間をムダにすることがないためストレスがかかりません。また、ついつい自分一人だとサボりがちになってしまう方は誰かと一緒に仕事をするとお互いが監視しつつ仕事ができるため非常に効率的に進めることができます。

海外ノマド生活のデメリット

ノートパソコンが意外と重い

これは永遠の悩みだと思いますが、ノートパソコンって結構重いです。もちろん通常の会社で働いてると、やたら重い日本製の謎のノートパソコンを持たされたりもするのでそれに比べれば私のMacBookProは数倍マシなのですが…これから新しくPCを購入される方はできるだけ軽いものを買うことをオススメします。あとブラウザのタブは色々と開きまくる事が多いので、メモリはできだけ大きいものを買うと良いでしょう。(ストレージは仕事用なら別に容量はどうでも良いと思いますがとりあえずSSD買っておきましょう)

ちなみに参考書を使っている方などはこれも持ち歩くのは結構しんどいです。なによりプログラミングの参考書はだいたいどれも殴ったら人を気絶させられるくらいの鈍器ですので。

外部モニターが無い

これはとても大きい問題です。自宅で外部モニターを使用している人は普段2画面以上に慣れていてこのモニターはブラウザを開く専用、このモニターは仕事専用、このモニターはチャットアプリやSNS専用などと目的別にモニターを分類している方もいらっしゃるのではないでしょうか。外部モニターが大きければ大きいほど、ノートパソコンの13インチの1画面だけだとストレスが貯まります。

紛失や盗難の恐れ

これは可能性としては非常に低いのですが、ノートパソコン1台しか持っていない場合などは万が一パソコンを盗まれてしまったり不慮の事故で壊してしまった場合などに完全に仕事が止まってしまいます。さらにデータなども全てクラウド保存していれば問題ありませんがデスクトップなどに置いておいた資料などがある場合非常に悲惨なことになります。

海外で仕事してみた!

昨年実際にシンガポールへ行った際に向こうでノマドワーカーとして働いてみましたのでその時の体験を書いていきます。行ったのは4日間程で基本的には自由行動、夜は友人と飲みに行くという生活サイクルでした。

優越感がすごい

ハンパじゃないです。特にシンガポールの青い海を眺めながらビール片手にMacBookProをカタカタ、ッターン!ってやっていたときには「あぁ、私もここまで来たか」と感動しました。ちなみに旅行がてら行っていただけなので実は何もすごくありませんし全然上り詰めてません。

場所や状況によっては意外と進む

昼は自由時間で夜は友人と飲む予定を入れていたのでお昼はバリバリ仕事していました。特にシンガポールは基本的に暖かく過ごしやすい陽気の日が多いため適当に入ったカフェなどでも十分に仕事できます。

持ち運びが不便、不安

ただでさえ海外で重たい荷物や貴重品を持ちたくないのに、南国でノートパソコンを持ち歩いて仕事をするのは狂気の沙汰でした。電車やバス移動などをする歳も日本より治安がいい国は無く置き引きやひったくりなども怖いのでやるならホテルのロビーや近いメジャーなカフェの方が無難かと思います。

魅力的なスポットがあると心が揺らぐ

シンガポールにはセントーサ島という日本で言うお台場みたいな場所があるのですがそこは綺麗な海やUSJ、カジノ、あと鼎泰豊(有名な台湾料理屋、めちゃくちゃ美味いです)などもあり気分転換するのにも最適なのですが、気分を転換しすぎました。「シンガポールで6時間働いても日本で6時間働いても同じなら海外でわざわざ働く必要は無いのでは?」という思考が生まれてしまい遊びまくってしまったことがあります。

サイトによってはアクセスできない

日本のサイトによっては海外からのアクセスを禁止しているサイトなどもあり普段使っているサイトが見れない、なんてこともあります。

ちなみに私はホテルでお笑いの動画を海外で見ていたら何故か急にフリーズしてそのまま電源が付かなくなるという最悪の事態になりました。

帰国する前日だったのですぐにメンテナンス・修理に出しましたが結構恐怖を感じたので海外での動画サイトアクセスなどは辞めたほうが良いかもしれません。

余談

海外で携帯やパソコンをインターネットに繋いで検索したり使用していると広告が現地のものばかり出てきてちょっと面白いです。

まとめ

ということでノマドワーカーや海外生活に関して書きましたが、個人的にはどちらもたまにやるくらいならリフレッシュになっていいですが常に外で作業や海外で作業はちょっと厳しいですね!ノマドワーカーだとブロガーの方などのイメージはありますが、スタバでガンガンコード書いてる人はそんなに見かけないですしね(笑)

ただどこでも仕事ができるフリーランスエンジニアはとても自由です!ぜひぜひ読んでくださった皆様もフリーランスエンジニアになった際は海外でコード書いてドヤってみてください!