キャリア

楽しく自由に学べるように!子ども向けプログラミング学習教材のせラジの開発者にインタビュー

子ども向けプログラミング学習教材のせラジの開発者にインタビュー

来年から義務教育でプログラミングの必修化が控える中、プログラミング学習への注目も高まってきています。

そのプログラミング教育のために、『のせラジ』というロボットプログラミングの基盤を提供する『合同会社イーヴァ』という会社があります。今回はその合同会社イーヴァの代表である石橋利也さんにインタビューしました。

『のせラジ』制作に至った経緯

2012年に子ども向けのプログラム教室を開いたのですが、プログラミングをして、画面その結果がただ画面の中に現れるだけではなく、リアルの世界で何か動いたほうが、子どもにとっては、面白いんじゃないかと。

そういう自分が頑張った結果が現実でなにか動くものに繋がったほうが興味をもってもらえると思い、作りました。もともとロボットメーカーでプログラムを作る仕事をしていまして、自分自身の経験からも、何かが実際に動いた方が楽しいだろうなというのは実感としてありました。楽しい方が、子どもも吸収率高く学習できる、そういう思いが根底にありますね。

また、子どもが作った自由な工作に「のせるだけでラジコンになる」ということで『のせラジ』という名前になっています。

のせラジの特徴

ケースに入っていて安心して遊べる

のせラジの特徴は、まずケースに入っていて基盤が剥き出しではないことですね。剥き出しになっていると、中には怖がってしまう子もいますし、また気兼ねなく触れることが出来ます。壊してしまったりして、子どもが残念な思いをするということが嫌なので。このような作りにしています。

自由な工作に載せられること

一番の特徴は、自分が作った自由な工作に載せることが出来ることです。

小学校の授業で、牛乳パックで工作をしたことがみなさんありますよね。その工作した牛乳パックも、のせラジの上に載せるだけで立派なラジコンになります。しかも、それを動かすのは自分がプログラミングで、自分がプログラミングしたとおりに動く。そのように、なんでもラジコンになるし、手頃に誰でも組み立てることが出来ながら、自分の思い通りに動かすことが出来るというのは大きな魅力なのではないかと思います。

のせラジは、子どもが発想した通りのものを出来るだけ思った通りに動かせるようにして挙げたい、というコンセプトがあって、いろいろな拡張を用意しています。子どもの興味の広がりに応えられるよう、手頃でかつ多様な拡張を準備することで、彼らの発想力を刺激し、それを実現できる。のせラジをコントロールするためのアプリ開発に必要な技術仕様はオープンにしようと考えていて、現在はScratchやipadで出来るSwift playgroundと連携したり、webでの開発も出来るようになっています。

今後も皆さんのご協力を戴いて、のせラジでできるこことの幅を、連携することで広げていきたいと考えていますね。

幼少時代に自分でプログラミングを学んだことが原体験

私がプログラミングを学んだ時代はもちろんインターネットで調べるということは存在しないような時で、子ども向けだけでなく、大人向けも含めたプログラミングの本を通して独学しました。

いろいろな人が作ったプログラミングコードがのっている月刊誌というものもあって、それを実際の自分のパソコンで丸写ししてみて、実際に動いたのを確認して喜んでしましたね。逆に動かない場合はどこが動かないのかを考察したり、時には自分でここをいじると、どこが変わるのかを試してみたりしてました。ゲームではそれで、自分のキャラクターを増やしてズルしてみたりということが楽しかったですね。私自身もそれが原体験にある通り、自分でいろいろ試行錯誤してみて、その発想が現実に反映されるということは重要なのではないかと考えています。

のせラジを載せた帽子はこのようにブラウザを使ってこのように動かすことができます!

プログラミング教育が本格的に始まる中での手応え

昔は、そもそもプログラミングとは一体何なのかを保護者の方に説明するところから始める必要があったのですが、最近はその部分は分かっていただけるようになってきました。そもそもプログラミング教育の制度自体が、何を教えるかに関して明確に固まっていないこともあって、思ったより理解が進まない、ということは感じています。

ですが、現在プログラミングは周りを見渡せば、本当に身近な距離にあって、例えばほとんどの電化製品に入っているものです。プログラミングは実は身近にあるもので、これからの時代何かやろうとしたときにプログラミングというものが必ず関わっているんだ、という事を、『のせラジ』を通して、楽しく、実際に自分のやったプログラミングで体験することは、子どもたちの将来に有効に関わってくる、と思っています。

のせラジHP