キャリア

ITフリーランス専用のクレジットカード「Pe-BANK VISAカード」とは?

ITフリーランス専用のクレジットカード「Pe-BANK-VISAカード」

こんにちは!フリーランスエンジニアのポンです。
今日2018年11月26日、我々ITフリーランス専用のクレジットカードが発表されました。我々、完全にターゲットになっています笑

ですが、おそらくフリーランスになりたての方って会社員でなくなる分、クレジットカードを作りづらかったりするんでしょう。(ですので、会社員をやっているときにクレジットカードを作ってから独立することをすすめていますが、その話は後程書いていきます。)

こうしたITフリーランス向けに特化したクレジットカードは聞いたことがなかったのですが、やはりプレスリリースによると国内初だそうです。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000080.000012015.html
この記事ではこのPe-BANK VISAカードについてご紹介していきます。

Pe-BANK VISAカードとは?

ITフリーランス専用のクレジットカードとのことです。このカードを発表したPe-BANKは元々ITフリーランスのマッチングプラットフォームを運営しており、ITフリーランス向けのサービスを展開しています。

こうしたイメージのカードになるそうです。

そして、このPe-BANKが設立30周年を記念して、発行するのがこのクレジットカードだそうです。当然本来行っているサービスがITフリーランスのマッチングプラットフォームなので、そこの認知獲得を行いたいということが狙いでしょう。
サービス開始自体は2019年2月1日(金)となっており、先行予約が本日2018年11月26日なのですぐに申し込んだとしても手元に届くまでもう少し時間はかかります。

Pe-BANK VISAカードの特徴は?

プレスリリースに載っている基本的な情報を下記に抜粋します。

<基本情報>
・最短5営業日で発行
・年会費永年無料
・ショッピング枠50万、キャッシング枠10万
・発行会社:株式会社東京クレジットサービス

<先行募集・利用特典>
・先行募集特典として5,000円相当のポイントを付与
・下記のサポート・サービス関連費の支払いをクレジットカード登録すると3,000円相当のポイントを付与
・下記のサポート・サービス関連費をPe-BANK VISAカードで支払いを行った場合10倍ポイントを付与
レアジョブ英会話のオンライン英会話レッスン料金
オライリー・ジャパンの書籍購入代金(オンライン購入の場合のみ)
PE共済会の会費
PE-BANK主催の交流会等の会費
確定申告サポート料金
プロエンジニア費(※2)
(※2)・・・PE-BANKとの共同受注が終了したのちも、サポート・サービスの継続利用を希望される場合にお支払いいただく費用。

基本情報はともかくとして、利用特典がITフリーランスの方にとっては嬉しいのではないでしょうか。特に、英会話のレッスンにおけるポイントの優遇を受けられたり、勉強が必須の我々にとっての書籍購入代金などのポイント優遇はすぐにでも使えそうなイメージです。

しかも付与されるのが、ポイントの10倍というのはなかなか大きいですよね。また今後、メーカーや出版社と連携し、ITフリーランスに嬉しい特典をつけていく予定だそうですよ。

Pe-BANK VISAカードのメリットは?

思いつく範囲としてこのカードには二つのメリットがありそうです。

1. 駆け出しのITフリーランスでもクレジットカードを作りやすそう
2. ITフリーランスに特化した特典がある

1. 駆け出しのITフリーランスでもクレジットカードを作りやすそう

これは私の想像でもあるんですが、駆け出しITフリーランスでもクレジットが比較的簡単に作れそうです。実はフリーランスへの社会的信用ってあまりありません。
学生なら親の信用を含めて計算されるので、フリーランスって学生より信用がないといってもいいでしょう。これは起業したてのベンチャーやスタートアップでもそうだと思いますが、初期のころって銀行の口座を作ったり、クレジットのカードを作ったりする審査がなかなか通りません。

ですので、これを防ぐいい方法は会社員時代にクレジットカードを作ったうえで退職することなんですが、これを知らなかったり、忘れていたりする人もいるかと思います。
このカードを発行元はITフリーランスへのサービスを専門に行っているところなので、おそらく駆け出しの方も審査に通りやすいのではないでしょうか。少なくともPe-BANKで仕事を受けたうえで、審査にかけると通りやすいのではないでしょうか笑

2. ITフリーランスに特化した特典がある

上記したように多くの特典があります。クレジットカードはライフスタイルに合わせたものを持つと様々な優遇が受けられます。
旅行が好きな人はANAのクレジットカード、楽天で買い物をする人は楽天カードを作れば、より多くの恩恵を受けることができます。
このカードは書籍購入や英会話といったシチュエーションでポイントが優遇されるので、ITフリーランスにとっては使いやすいカードになるのではないでしょうか。

発行元のPe-BANKとは?

上記しましたが、ITフリーランス向けのマッチングプラットフォームを運営している設立30年の会社です。ITフリーランスがそもそも新しい言葉ではあるので、設立30年という会社自体が非常に珍しい印象です。
Pe-BANK公式ページ

ちなみに当ブログでも以前Pe-BANKについての記事を書いていますので、こちらも参考にしていただけると幸いです!
フリーランスエンジニアの独立をサポートするPe-BANK!地方でも使いやすい

元々は1989年に首都圏コンピュータ技術者協同組合というところからスタートしており、インターネットが普及する前のPCが出始めたころから運営している会社です。そして、2007年にフリーエンジニアのサポート企業としてサービスを始め、2014年よりITフリーランス向けのマッチングプラットフォームPe-BANKのサービスをスタートさせているんですね。

ウェブページを見ると、イメージキャラクターとして要潤を起用しており、PRにも力を入れています。またウェブサイトもiOS、AI・機械学習、Rubyなどの言語から案件を探せるようになっており、非常に使いやすい仕様です。
案件としては東京を中心とした関東のみならず、全国にあるので、地方のエンジニアさんも使いやすいサービスではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ITフリーランス向けに特化している分、対象となる方は普通のクレジットカードで審査が通りづらくても、こちらなら通りやすい可能性はあると思います。

またその他のITフリーランス向けの特典などは魅力的ではあると思います。気になる方はぜひ申し込んでみるとよいと思いますよ!それでは!