キャリア

厳選!PHP(laravel含む)を学べるおすすめプログラミングスクール!

厳選! PHP(Laravelを含む)を学べるおすすめプログラミングスクール

こんにちは。今回は、Web開発で使われるプログラミング言語である、PHPを学べるプログラミングスクールを4つ紹介します。

PHPについて

PHPは、Web開発でよく使用されるスクリプト言語で、HTMLやCSSと一緒に使うことが多いです。同じくWeb開発でしばしば登場するスクリプト言語に、Javascriptがありますが、JavaScriptがクライアントサイドでコードを実行するのに対し、PHPはサーバーサイドで実行します。

PHPは、HackerRankの公開する「2018年の時点でエンジニアが学んだことのある言語(Languages known in 2018)」のランキングでは6位に位置しており、非常に人気のある言語と言えます。

最も人気なプログラミング言語

日本国内では、日本人のまつもとゆきひろ(通称Matz)氏が開発されたRubyの人気が高いですが、世界的にはPHPも高い人気を誇っています。

PHPを学べるスクール

それでは、PHPを学ぶことのできるスクールを4つ紹介します。

TECH ACADEMY

TECH ACADEMYのスクショ

TECH ACADEMYはキラメックス株式会社が運営する、オンラインプログラミングスクールサービスです。

・特徴

1.コースがとにかく多い

TECH ACADEMYでは多くのレッスンを取り揃えています。

プログラミング:
Webアプリケーションコース(Ruby on Rails)、PHP/Laravelコース、Javaコース、フロントエンドコース(jQuery)、WordPressコース、iPhoneアプリコース、Androidコース、Unityコース、はじめてのプログラミングコース、ブロックチェーンコース、スマートコントラクトコース、AIコース、Pythonコース、Scalaコース、Node.jsコース、GoogleAppsコース、Scratchコース

デザイン:
Webデザインコース、UI/UXデザインコース、動画編集コース

マネジメント:
Webディレクションコース、Webマーケティングコース

と、多岐にわたる分野を学習することができます。

2.マンツーマンレッスン

一人ひとりにパーソナルメンターがついてくれて、マンツーマンで指導をしてもらうことができます。加えて、複数のメンターによるチャットサポートが15〜23時までの間行われています。

・評判や口コミ

TECH ACADEMYは、教材のテキストだけで勉強を進めるのは難しいという意見がありました。公式サイトで表示されている目安の学習時間よりも長く勉強しても、受講スピードが間に合わないこともよくあるそうです。特に、プログラミングを学ぶのが初めての人にとっては、難易度が高すぎて、期間中に全ての学習を終えることは難しいとの声も。

・料金

料金はコースごとに異なりますが、PHP/Laraverlコースの場合、以下の金額になります。

4週間 139,000円(学生109,000円)
8週間 189,000円(学生139,000円)
12週間 239,000円(学生169,000円)
16週間 289,000円(学生199,000円)

・その他

TECH ACADEMYでは自分のプロダクトや成果を応募することができるコンテストが定期的に開催されています。受講生であれば何回でもエントリーでき、また優勝するとコースを無料で受講できるという嬉しい特典もあります。周りと切磋琢磨して自分の成果物をさらにブラッシュアップするいい機会になりますね。

テックアカデミー公式

さらに詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ
TECH ACADEMYはプログラミングレッスンを受けられるオンラインブートキャンプ

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾は、株式会社侍が運営するプログラミング塾です。マンツーマンでのプログラミング指導を導入した、日本で初めてのスクールです。

・特徴

1.充実したマンツーマン指導

侍エンジニアの特徴は、講師がマンツーマンで受講生に対応してくれることです。
入塾後、最初のカウンセリングで、自分の今の学習状況や生活状況、今後の目標などを話し、自分に合った講師を選んでもらえます。そして、その講師の指導のもと、自分に合ったカリキュラムを作成してもらえます。そのカリキュラムに沿って、自分で勉強を進めていきます。講師には、進捗の確認、疑問点の質問などをその都度行ってもらうことができます。

2.アプリの制作支援

エンジニアとして転職や就職をする際は、自分のスキルを証明するため、これまでに作ったポートフォリオを見せるのが一般的です。そうした場合を想定した、アプリの制作支援を行ってもらえます。単に基礎知識を身につけるだけでなく、そうした知識を活用して成果物を生み出せるようになることが重視されています。

・評判や口コミ

自分に合ったカリキュラムを作ってもらえる点については、評価している人が多かったです。

一方で、侍エンジニア塾の自社メディアである「侍エンジニア塾ブログ」については批判的な声が少なからず上がっていました。かつて、このメディアは期間限定で入塾料10万円が無料になるというキャンペーンが、いつウェブサイトを閲覧しても表示されるようになっていました。この部分が景品表示法違反だということで、炎上へとつながりました。他にも、このメディアの記事の中に誤った情報が含まれていたことがあり、メディアの信ぴょう性を疑う人もいます。

ただし、スクールの質とメディアの質は全然別の問題なので、炎上事件を理由にこのスクールに行くのを取りやめるのは、あまり賢明な方法ではないように思います。

・料金

ビジネス(6か月) 698,000円 (学生は558,400円)
フリーランス(3か月)438,000円 (学生は372,300円)
デビュー(1か月) 168,000円 (学生は151,200円)

マンツーマンということもあり、それなりに料金はかかります。特に6か月コースは70万円近くかかるので、エンジニアとして働きたい、フリーランスエンジニアになりたい、などの明確な目標を持っている人でないと、いきなり参加するのは難しいかもしれません。

逆に明確な目標があれば、マンツーマンですし、しっかりとした指導を受けることができます。エンジニアになればすぐに取り返せる金額ですし、ここでケチるより、スクール後の収入を上げられるようにする方が得策だと思います。

侍エンジニア塾公式

さらに詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ
プログラミングスクール侍エンジニア塾の現役受講生にインタビュー

KENスクール

KENスクールは、株式会社シンクスバンクが運営するスクールです。

・特徴

1.学べる領域が幅広い

以下のように、プログラミング言語に限らない、様々な内容を学ぶことができます。

Web・DTPデザインコース
プログラミングコース(「Java」「C言語」「VB(Virtual Basic)」「PHP/WorgPress/LAMP」「VBA」「データベース」)
ネットワークコース(Linuxなど)
CADコース(「CATIA V5」「NX9」「AutoCAD」など)
オフィスコース(「Excel」「Word」「PowerPoint」「Access」など

2.フリータイム制

KENスクールでは、一部の講座を除いて、通学日時や校舎の規制がありません。毎回、好きな時間帯・好きな校舎を選ぶことができます。校舎の一覧は、新宿、池袋、北千住、横浜、名古屋、梅田、札幌、(法人向け)福岡校です。校舎を自由に選べるという点はKENスクールならではの特徴ですね。東京在住の人の場合、気分に応じて、あるいは仕事の出張の都合によって、校舎を使い分けることができ、便利です。

3.フリートレーニング制

また、各校舎ではパソコンを無料で使わせてもらえるので、自分でPCを持参する必要がありません。仕事の前後にスクールに通いたい人の場合、PCを持ち歩かなくていいのは大きなメリットですね!

・評判や口コミ

全体的に、フリータイム制は高評価を受けていました。また、未経験者や初心者を対象としているため、授業も丁寧とのことでした。一方で、未経験者をメインターゲットにしているコースのため、ガンガン勉強したい人には少し物足りないかもしれないという声もありました。

・料金

PHPを学べるコースの料金は、以下の通りです。

PHP+WordPress講座 (3か月) 186000円
PHPベーシック講座 (3か月) 103000円
PHPアドバンス講座 (3か月) 103000円
PHPショッピングサイト構築講座 (3か月) 186000円
PHPフレームワーク講座 (3か月) 129000円
LAMP環境構築講座 (3か月) 145000円

KENスクール公式

さらに詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ
KENスクールはジャンルが幅広くCADやネットワークも学べるパソコン教室、ITスクール

CODE CAMP

【CodeCamp】は、株式会社コードキャンプが運営するオンラインプログラミングスクールです。「現役エンジニアによるプログラミング家庭教師」をモットーとしています。

・特徴

1.完全オンライン制のレッスン

CODE CAMPオリジナルの教材を元に、自分で学習を進めていくのが基本です。その中でわからない部分があれば、レッスン予約をとり、メンターに随時相談をすることができます。レッスンの受講可能な時間帯は7:00〜24:00と、TECHアカデミーよりも長くなっています。

2.充実した言語やコースのラインナップ

CodeCampでは多くの言語に対応しておりそれぞれにエキスパートのエンジニアがマンツーマンでレッスンをしてくれます。コースは「プレミアム」「Webマスター」「Rubyマスター」「デザインマスター」「アプリマスター」「Javaマスター」などがあります。

・料金

料金は、コースごとに異なりますが、例えばWebマスターコースの場合は2ヶ月 148,000円、4ヶ月 248,000円、6ヶ月298,000円です。なお、期間ごとに、メンターとのレッスン回数が異なり、2ヶ月コースだとレッスンは20回で、4ヶ月コースは40回、6ヶ月コースは60回となっています。

Codecamp公式

さらに詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ
CodeCamp(コードキャンプ)は完全オンラインのプログラミングスクール!!

以上、PHPを学べるプログラミングスクールを紹介しました。PHPを学習してみたいという人は、自分に合ったスクールを選んで、有意義な学習を進めていってください!