キャリア

プログラミングスクール・プログラマカレッジの卒業生にインタビュー!!

プログラミングスクール・プログラマカレッジの卒業生にインタビュー
こんにちは!フリーランスエンジニアのponです。
プログラミングスクールって最近かなり増えてきてますよね。
でも実際にどこが良くて、どこに行けばいいのか?そう思う方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな方のためにプログラミングスクールの卒業生にインタビューを行ってきました。
インタビューをさせていただいたのは、Kさん。

Kさん(27歳・男性)
2018年5月から7月まで約3ヶ月プログラマカレッジに通った。
元々は建設の現場仕事をしていたが、プログラマになりたいということで、プログラミングスクールに。
スクールに通うまではプログラミング経験はなかった。
卒業後はエンジニアとして就職することに成功。

プログラマカレッジに通った理由

やはりお金がなかったというのが一番の理由です。
プログラマカレッジは無料でプログラミングを学ぶことができます。

また、スカイプで受講でき、直接通わなくても学べるという理由もあります。

その二つが圧倒的に大きい理由ですね。

プログラマカレッジではどのように学んだか?

建設の現場仕事が終わった後、3ヶ月間学びました。
具体的にはスクールでもらったカリキュラムでLinux、Apacheの基礎を勉強しました。

✴︎プログラマカレッジでは以下のような内容が勉強できます。

<授業内容>
・コンピュータ基礎
・アルゴリズム
・Java、PHP(サーバーサイド、画面サイド)プログラミング
・HTML、CSS
・ウォーターフォールとアジャイル開発
・フレームワーク(Struts、Smarty)
・データーベース(PostgreSQL、MySQL)
・テストツール(JUnit)
・Linux、Apache
・仕様書、設計書の読み方、テスト項目の作り方など
・実践(ECサイト・アプリ開発など)

またカリキュラムをやりながら、定期的にアドバイザーと面談して進めました。
最初アドバイザーとの面談は進捗を確認するような感じだったのですが、経歴書を作成を手伝ってもらったり、面談の練習などにも付き合ってもらいました。
その他、アドバイザーの方にIT業界の事情や、エンジニアとしての働き方などについても聞けたのでその辺りの時間も有益でしたね。

スクールのカリキュラム自体は比較的簡単だったので、自分でも関連の本を買って読み進めたりはしました。
そうした過程を経て、スクール自体は卒業したような流れです。

卒業後はエンジニアとして就職

卒業後はエンジニアとして就職しました。
2社面接した段階で1社内定が出たので、そこに決めました。
実務経験がないにも関わらず2社受けて内定が出たので、就職環境はやはりいいのかなと思います。
(就職活動をした時期は2018年8月から9月ごろ)

スクールではネットワークを勉強していたものの、サーバーサイドのエンジニアとして就職が決まりましたね。
就業までの研修ではpythonなどを学びました。

スクールに通っていた当時(現在もそうですが)27歳であったため、まだ未経験としてエンジニアのキャリアを開始できる年齢だったと思います。

有名企業で有給インターンは?

プログラマカレッジは有名企業でインターンが可能ということをうたっています。
ただ、これについては有名大学に通っていてガッツリ通学していて若いなど、スペックが高かったり、就職に有利な条件でないと難しいという印象でした。
ですので、自分の場合は特にそういう有名企業でインターンするなどの選択肢は考えず、直接就職活動しました。

一般的な人であれば、最初からすごくいい企業を紹介してくれるわけではないとは思いますね笑
ただ、エンジニアとして就職するなら、今はエンジニア不足であるし、問題なく働き口は決まるとは思いますね。
一般的な人であれば、比較的かっちりとしたIT企業を紹介されるケースが多いです。

なので有名IT大手やキラキラしたスタートアップのエンジニアにはスペックの高い人以外はなりにくいですが、その他の人でも就職先は普通に決まるという印象ですね。

まとめ

ということで、プログラマカレッジに通ったKさんのインタビューでした。
就職先の話も聞けて、これからプログラミングスクールを検討している人も参考になったのではないでしょうか?

こちらでもプログラマカレッジの記事を書いているので、ぜひこちらも読んでみてくださいね!
完全無料でプログラミングが学べるプログラマカレッジ!第二新卒・フリーター向け

それでは!

プログラマカレッジの公式ページ

http://proengineer.internous.co.jp/lp_kiso3/