キャリア

月額たった2980円でPythonが学べる・オンライン学習サイトPyQ(パイキュー)!

オンライン学習サイトPyQのスクリーンショット

こんにちは!フリーランスエンジニアのponです。

今回はPyQについて紹介していきたいと思います。

PyQは株式会社ビープラウドが運営している

PyQ(パイキュー)は株式会社ビープラウド(Be PROUD)が2017年に開始したサービスです。株式会社ビープラウドは早い時期からPython言語での仕事を開始した、Pythonを取り扱う一線級の会社です。

PyConに登壇するような優秀なPythonエンジニアを何人も抱え、高い技術力で知られています。主にWebや機械学習のシステム開発を主な事業としていますが、Pythonのプログラミング初心者向けの教本の出版やPythonの企業向け研修も行っておりプログラミング学習の方でも一定の成果を上げています。そんなPythonで高い実績を持った企業ビープラウドが、満を持して開始したオンラインサービスが「PyQ」です!

PyQ 公式サイト https://pyq.jp/

運営会社情報

会社 株式会社ビープラウド
設立 2006年
住所 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7 野村不動産南新宿ビル4F
代表 佐藤治夫
公式サイト https://www.beproud.jp/

PyQの特徴

・Pythonを、実際にシステムを動かす形で学ぶことが出来る!
・月額料金が安い!

Pythonを、実際にシステムを動かす形で学ぶことが出来る!

Pythonは、ゲームや各種アプリケーションのほか、人工知能の機械学習プログラムも開発できる言語で、言語別プログラマーの年収ランキングでは1~3位を近年で占めるなど、日本で注目され、需要の高い言語です。そのPythonをPyQでは学ぶことが出来ます!

PyQは現役のPythonエンジニアの方が学習プログラムを設計されています。そのため、他の学習サービスや学習書のように、ただプログラミングの文法や知識を教えてくれるだけでなく、それをどのようにwebや機械学習システムといった実務に活用していくのかという、「実務面でプログラミングスキルを活かす」という点が重視されています。スポーツや楽器と一緒で、実際に書いて動かして学ぶ、実務と全く同じものをブラウザ越しに自由に動かすことで学べるのが、PyQの強みです。面倒な準備環境は必要なく、ブラウザ上で学習を進め実際にプログラムを動かすことが出来るというのは、初心者にとってはとてもありがたいポイントに違いありません!

問題も複数の現役Pythonエンジニアの方が、初心者がつまずきやすいポイントを意識して作られており、実際に書くことで体を通じてプログラミングを体得し、効率的に実務に向けたスキルを上達させることが出来るコンテンツになっているそうです。

月額料金が安い!

PyQの料金は以下のようになっています。

個人ライトプラン 2980円/月
個人スタンダードプラン 7980円/月
チームライトプラン 10000円/月
チームスタンダードプラン 19600円/月

ライトプランとスタンダードプランともにPyQのカリキュラムの利用に制限はありません。ですが、スタンダードプランにアップグレードすることで、メンターへの質問が可能となります。

個人プランとチームプランとの違いは、同じプランを利用するチーム内で学習状況を確認できたり、質問をし合ったり出来るようになる点です。またチームプランですと、PyQに投稿された過去の質問を閲覧できるようになります。
目を引くのはやはり、個人ライトプランの月額2980円という圧倒的安さでしょう。普通のオンラインプログラミング学習サービスでは、最低でも月額10000円程度かかってしまいます(例えば有名なTechAcademyは、月額7万~10万円程度必要です)。PyQは、Pythonに関してはトップレベルの内容の充実度・幅広さにも関わらず、たった3000円程度で、3ヵ月受講したとしても、10000円掛かりません!

PyQの評判や口コミ

やはり、安くてこの内容の充実度、という部分に関してみなさん「PyQ」を絶賛していました。月額2980円は十分元が取れると、みなさん口コミでおっしゃっています。

ですが、学習コンテンツに関しては、少々賛否両論がありました。

「PyQ」の学習クエストは基本的には「写経主義」です。目的のプログラムを動かすためのお手本があり、それを写経して実際に作ってみるという形で学習が進行します。お手本があるので、詰まったとしてもすぐに正しい解答を見ることが出来て、自学で課題に詰まってしまうことがないというのはプラスのポイントです。

ですが、写すだけでは試行錯誤がなく、一度習って忘れてしまった学習を思い出すようなプロセスを経ないと、実務で活躍できるようなプログラミングスキルは見につかないという意見もありました。丸写しして満足するのではなく、最初はただ闇雲にお手本を見ないで、自分で調べたり考えながら、学習を進める必要があるのかもしれませんね。そういう意味では、学習効果は、ただ課題をこなしていればいいだけではなく、自分の努力次第という側面があります。

また説明や解説も簡素なものが時々あって、プログラミング経験者なら大丈夫なのですが、初学者には足りないのでは、という意見もありました。もし初めてこのPythonでプログラミングを始めるという方は、ライトプランでなく、メンターに質問の出来るスタンダードプランでやってみてもいいかもしれませんね。

このPyQは1か月ごとにプランを変更することが可能ですので、最初の1か月はメンターの方と一緒に集中してじっくりとスタンダードプランで学習し、慣れてきたらライトプランに変更してコストパフォーマンスを重視するというやり方もありです!