エンジニア技術派遣会社のリツアンSTCの特徴や評判は?

エンジニア技術派遣会社のリツアンSTC キャリア

[chat face=”pon1.jpg” name=”ポン” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]こんにちは!フリーランスエンジニアのponです。

全国5都市にオフィスがあるエンジニア派遣サービスを運営している株式会社リツアンSTC(ritsuan)を紹介します。[/chat]

リツアンSTC公式
https://ritsuan.com/

株式会社リツアンSTCの会社概要

2007年9月創業、今現在全国5ヶ所にオフィスあり。
2015年の記事によると社員数が200人を超え、売上も10億円突破、
2018年10月では社員数が525名。

https://ritsuan.com/
https://twitter.com/rstc_tokyo
https://www.facebook.com/ritsuan

全国5ヶ所にオフィスを構えています

本社&掛川オフィス 〒436-0093 静岡県掛川市連雀1-5
静岡事務センター 〒436-0093 静岡県掛川市連雀3-7
東京オフィス 〒153-0041 東京都目黒区駒場2-8-9
名古屋オフィス 〒450-6425 愛知県名古屋市中村区名駅3-28-12 大名古屋ビルヂング 25階
大阪オフィス 〒542-0076 大阪市中央区難波5-1-60 なんばスカイオ28階 WeWork 121
横浜サテライトオフィス 〒231-0004 神奈川県横浜市中区元浜町3-21-2 ヘリオス関内ビル 4階

特に大阪ではwe workに入居していて他の入居者とのつながりがたくさん生まれてます。
we workは今話題のシャアオフィスで専用のSNSサイトで気軽に連絡できるようにしたり、1週間に7-20回とイベントを開催していてリツアンSTCも積極的に企画されているそうです。

東大生のための知的サロン「KOMAD(コマド)」

2017年春、リツアンSTCは東京大学駒場キャンパスから徒歩5分のところに1軒家の知的サロン「KOMAD(コマド)」をOPEN。

毎週火曜日には東大教養学部の授業の会場として利用されています。元文部科学副大臣で現在、東大教授・文部科学大臣補佐官などを務める鈴木寛さん「すずかんゼミ」がこの場所を利用してゼミを開催しています。

社長に東大の方々から相談がたくさん来て仕事が増えたことから、それなら近所に引っ越そうと駒場前にオフィスを移転したそうです。大学生が社会人と交流する場所、機会はなかなかないのでこういう場は大事ですよね。

取材に来ていた方に「うちの会社ではなく、学生たちをもっと取り上げてください」というほどだそう。友達に東大生の方がいたらこの家のことを教えちゃってださいね笑

株式会社リツアンSTCの3つの特徴

業界1位の給料の高さ

多くの派遣の全国平均マージン率は39%と言われている中、リツアンSTCのマージン率は19%となっています。

リツアンSTCと全国平均マージン率の比較

このマージンの差が給与に反映されて10年続くとエンジニアの所得が1500万円の差が生まれてくる計算になります。

今は派遣会社は労働者派遣法によってマージン率などの情報公開が義務付けられていて公開されてる情報を確認して他社と比較してみるのがよいでしょう。(中には公開していない企業もありますが)

引き抜き歓迎の正社員奨励

派遣先の企業が派遣社員を引き抜いて正社員にすることはタブーとされていますが、リツアンでは歓迎しています。

リツアンにとっては利益がなくなりマイナスかもしれませんが、派遣社員の将来を考えると正社員になることがプラスであって未来があるため。
派遣会社は悪く言われることもありますが、こういう話はとても派遣社員側にとって嬉しい話でしょう。

派遣先が大手企業

リツアンの取引先の80%は大手企業のもの作りメーカーとのこと。

取引先一例
国立大学法人 東京大学
いすゞ自動車株式会社
アイシン・エイ・ダブリュ株式会社
株式会社アルバック
富士重工業株式会社
いすゞエンジニアリング株式会社
NTN株式会社
エリクソンジャパン株式会社など

大手企業が派遣会社のサービスを利用する理由は「人手不足」が一番の原因と言われています。人手不足解消に外部の優秀な人材が必要とのことで、人によっては派遣社員から正社員になることもできるとのことで安心して働けそうですね。

代表取締社長・野中久彰(のなかひろかず)氏について

野中さんはエンジニアの大手派遣会社に就職し、営業所長を任される派遣会社の実態を知ることになります。

所長になって社内のデータみて分かったことは、エンジニアは10万後半の給料で頑張っているにもかかわらず、派遣会社は30万円~40万円もからピンハネをする実態。

派遣会社の社員として頑張れば頑張るほど、不幸なエンジニアを生みだす構造で嫌気が差しリツアンSTCを設立したとのこと。派遣会社の問題点は、中間搾取の割合が大きすぎること。仕事を紹介してほしいというニーズは存在しており、派遣会社がそれを満たすのは必要だが理不尽な料金を取るのは良くないとこの悪循環を変えたいという熱い想いがあるそうです。

気になる株式会社リツアンSTCの評判・口コミは?

・顧客請求額の70%が給与として支払われるため、単価が高い人はかなり貰えるのでオススメ。

・リツアンはマージン少なかったため、前職のがマージン高めのとこに勤務してたため、比べて年収は1.5倍ほど増加しました。

・スキルアップして請求単価を上げていければ高収入になるとのこと。

・派遣先への引き抜きも禁止せず、営業も余計な口を出さず、トラブルや困リことが起きた時だけ対応してれる会社だった。

・社員の空気も良く、飲み会など、面談等でもフレンドリーな関係がもてた。

最後に

派遣会社のマージン率を低くしてエンジニアに還元する熱い社長が分かったのでぜひチェックしてみてくださいね。
また、株式会社リツアンは未経験者採用は行なっていないそうなので、プログラミングスクールなどで学んでから連絡してみてください。

タイトルとURLをコピーしました