キャリア

エンジニアがエンジニアを育てるエコシステムを!Techpit Marketの山田晃平さんにインタビュー

エンジニアがエンジニアを育てるエコシステムを!Techpit Marketの山田晃平さんにインタビュー

最近プログラミングを学ぶ方が増えてきています。プログラミングを学ぶと言っても、独学で学ぶ、スクールに通うなど色々な方法があると思います。

「Techpit Market」という、現役エンジニアが作った教材を購入・販売できるプログラミング学習教材のマーケットプレイスも出てきています。

今回はその「Techpit Market」を運営する株式会社テックピットの代表である山田晃平さんにインタビューを行いました。


Techpit Market公式ページ
https://market.techpit.jp/

Techpit Marketができた経緯は?

もともとは困った時にプログラミングの先生に質問ができるというサービスをやっていました。それをやろうと思ったきっかけは、自分自身がプログラミングを勉強している時にエラーとかでつまづいて解決に2、3日かかることもあり、それをすぐに解決できれば価値があるんじゃないかなと思ったからです。
すぐに学習者さんからはニーズを感じましたが、エンジニアにメリットが無いなと思いました。また、初学者の場合、質問の仕方がわからないという問題もあり、サービスに難しさを感じていました。

その中で、自分でサービスを作りたいけど、どうやれば良いかわからないという方が結構多く、そこをサポートできれば良いなと思い、現在のTechpit Marketを始めました。

どのぐらいのレベルの方にサービスを使ってもらいたいですか?

想定しているレベルは、プログラミング言語の基本的な文法を学んだ人です。例えば、Progateを一周やりましたとか、ドットインストールで何かの言語を一周勉強しましたという人ですね。その方たちが次にサービスをどうやって作っていけば良いか、というところを教えています。

ユーザーの声は?

受講者の方たちには、サービスを作りながらプログラミングを学べるというところに価値を感じていただいています。何かしら目的がないと、やってて面白くないと感じてしまう方が結構いるので、成果物が最後にできるといったところから学習していくのは面白いのかなと思います。

勉強会をやっている理由は?

Techpit Marketではもくもく会など、ユーザーさんと一緒にオフラインの勉強会を行なっています。勉強会の詳細はこちらのリンクから

https://techpit.connpass.com/

勉強会をやっている理由は、よりユーザーさんと接点を持って行きたいからです。自分たちの主観でサービスを作るのではなく、ユーザーさんとコミュニケーションを取りながらユーザーさんが求めていることはなんなのか勉強会にチェックしに行ってるという感じですね。

実際に僕らのサービスを使ってもらって、どういう風に勉強しているかを見させていただいています。学習者さんのメリットでいうとオンラインだと挫折してしまう方でも、オフラインでみんなで集まってやれば最後のサービスを作りきるというところまで挫折せずにできるんじゃないかなと思います。

Techpit Marketで教材を販売している方の声は?

僕らのサービスを使ってくれているエンジニアの方でいうと、もともとプラグラミング教育に興味があったとか、初学者エンジニアを育てたいという気持ちがある方が多いですね。教材を作ってみたことはなかったけど、実際に作ってみたら自分の教材でエンジニアが育ってくれたり、自分たちの教材を使ってわからないことがわかったなどの声が嬉しいという話をエンジニアの方から聞きますね。

日本の社会課題として2030年までに最大70万人くらいのエンジニア不足といわれていて、その問題を今現在働いているエンジニアの方たちは感じていて、そこを解消しようという思いから、僕らのサービスに共感してくれる方もいますね。

今後の展開は?

教材数を増やす

今後はさらに教材数を増やしていきたいです。特にRuby、PHP、Pythonなどの初学者が苦手になりがちな主要な言語を中心に教材を増やしていきたいですね。あらゆるパターンをカバーできるようになっていければ。例えば、インスタグラムみたいなSNSを作りたいと思った時に、インスタグラム用の教材で学ぶとか、TwitterみたいなSNSを作りたいと思った時に、Twitter用の教材で学ぶとかですね。色んなニーズに対応できるように教材を増やしていきたいです。

サブスクリプションも検討

今サブスクリプションなども考えていて、月額制で教材見放題なども検討しています。買い切りの方が買ったからやらなきゃという気持ちになるし、月額制にすれば色んな教材を見れるようになるし、どちらにもメリットはあるので、ユーザーの声も参考にしながら現在検討中です。

Techpit Marketが目指すところは?

僕らは「エンジニアがエンジニアを育てるエコシステムを作る」という思想を持ってTechpit Marketをやっています。エンジニア不足が今後の大きな課題だとすると、プログラミングスクールとか、学習サービスとかいくつかあるんですけど、英語はネイティブスピーカーから学ぶのが一番のように、プログラミングも現役エンジニアから学ぶのが一番効率がいいなと思っています。

今の世の中的にあんまりエンジニアが学習者に教えようと思う人が少なく、エンジニアだけのコミュニティで満足しちゃている方も多いので、僕たちがそこの橋渡しをしていきたいですね。

Techpit Market公式ページ
https://market.techpit.jp/