キャリア

プログラミング教育WEBCAMP(ウェブキャンプ)とは?

プログラミング教育「WEBCAMP」
ポン
ポン
こんにちは!フリーランスエンジニアのポンです。
プログラミング教育事業って最近かなり増えていますよね。昔から考えるとエンジニアの時代がやってきたかと感じるこのごろです。
当ブログでも多くのプログラミング教育のサービスを紹介してきましたが、今日は「WEBCAMP」について紹介していきたいと思います。

プログラミング教育サービス「WEBCAMP」とは?

株式会社Infratopが運営するプログラミング教育サービスで、「学びと仕事を通してプログラミングで人生を最高の物語にする」をミッションに掲げ、マンツーマンのサポートが充実した「WEBCAMP」、オンラインいつでもどこでも学べるという「WEBCAMP ONLINE」、転職保証付きで3か月という期間で高いスキルを獲得する「WEBCAMP PRO」という3つの特色を持ったプログラミング事業を展開しています。

また、単にプログラミングを教育するだけにとどまらず、卒業生に向けた就職支援を合わせて行っています。

WEBCAMPの公式ページ

WEBCAMPの3つの各コースとは?

3つのコースがあると言うことがわかりましたが、それぞれどんな特色があるかと見ていきましょう。

WEBCAMP

こちらがベーシックなコースですね。マンツーマンのサポートと教室に通いたい放題というプランで、1~3か月の期間を選べるようになっています。イメージとしてはパーソナルジムということらしく、ライザップのプログラミング版と言えるのではないでしょうか。

金額としては下記のようになっており、そこそこの値段と言えるのでは。
https://web-camp.io/school/

WEBCAMP ONLINE

未経験の方が1か月でオンライン学習できるというコース。オンラインの面談では現役のエンジニアやデザイナーに質問できるというサポート付き。
気になるお値段はWEBアプリケーション開発コースとWEBデザインコースで¥ 99,800 (税別)と比較的低価格。html、css、JavaScriptといったウェブの基本的な知識が身につくんですが、これだけだとエンジニアとしては言えない感じではあります。(どちらかと言えばデザイナーですかね。)ただ、基本を押さえるという意味では悪くないかもしれませんね。
https://web-camp.io/online/

WEBCAMP PRO

3か月の学習期間と3か月のキャリアサポートがついているコース。11時~22時の時間帯に教室に通学し放題、質問もし放題という専門学校のようなイメージ。キャリアサポートとしては受講完了後、3ヶ月以内に転職・就職できない場合は全額を返金という保証もついています。紹介先の企業としては上場企業のCROOZやDRECOM、Crowdworksなど優良企業もあります。

金額としては分割払いの場合¥ 23,220~ /月(税別)、一括払いの場合¥ 498,000 (税別)と少し高額になりますが、しっかり学べさらに転職保証もあるコースとなっています。
https://web-camp.io/pro/

こちらでWEBCAMP PROを受講した方のインタビュー記事を掲載していますので、検討されている方はぜひ見てみてください

プログラミングスクールWebCampPro(ウェブキャンププロ)に通った受講生にインタビュー

メンターの充実

webcampの特色の一つとしてメンターの充実というものがあります。
Slackなどのツールを使って分かりにくかったところやつまづいたところを質問することができます。
現役エンジニアに加えて、大学の講師などアカデミックなメンターもいて、幅広くWEBCAMPを支えています。
WEBCAMPに通った知り合いに聞いてみましたが、このメンターは他のプログラミングスクールに比べても比較的レベルが高いそうですよ。こうした学習をサポートするメンターの存在も心強いですよね。

気になるWEBCAMPの評判や口コミは?

ではここまでWEBCAMPについて概要を紹介してきましたが、実際に評判や口コミはどうなんでしょうか?twitterを見てみると、

・とにかく早くエンジニアになりたい人はWEBCAMPをやっておけば間違いない。プログラミングをしっかり学習できる環境が整備されている。

・WEBCAMPをやったことで今のデザイン事務所に入ることができた。実務経験がないけど、もっと勉強したい、WEBCAMPなど勉強を始めてますって人がいれば、どんな会社もしっかり話を聞いてくれる雰囲気ですよ。

・自分がエンジニアになるきっかけになったWEBCAMPは普通にいいサービスです。DMMに買収されたようなので、さらなる飛躍を期待してます。

・WEBCAMP PRO受講後にエンジニアとしての就職が決まりました。大げさかもしれませんが、夢がかなった瞬間です。WEBCAMP PROの皆さんには感謝でいっぱいです。これから先はさらに厳しい道かもしれませんが、自分の夢の実現のため、さらに高みを目指して頑張ります。

・htmlとcssを学んで初めてウェブページを作ったけど、とりあえずできました!感覚としてはプラモデルを組み立てているかんじ。楽しいのでもっとしっかりやっていくぞい

と非常によいコメントが並んでいます。しっかりと自分の実力を伸ばせて、さらにキャリアを発展させる環境が整っているという印象です。

WEBCAMPはブログやtwitterで情報発信も

webcampはブログやtwitterを通して情報発信を行なっています。

公式ブログURL
https://web-camp.io/magazine/
公式ブログにおいてはエンジニアの働き方や技術について幅広く発信されている他、WEBCAMPの卒業生や講師の紹介も行われています。WEBCAMPに興味のある方はぜひ覗いてみるとよいのではないでしょうか。

公式twitter
https://twitter.com/webcamp_io
公式twitterは2018年11月現在、そこまでアクティブではありませんが、WEBCAMPに関するニュースなどのリツイートやシェアなどが散見されます。またWEBCAMPの求人募集や交流会などのイベントの情報などもツイートされており、こうした情報に興味のある方はフォローしてみるとよいと思いますよ。

運営会社インフラトップ(Infratop)とは?代表の大島礼頌氏や資金調達の情報など

株式会社Infratop(以下、インフラトップ)は法政大学出身の大島礼頌氏によって設立されました。元々経営者を目指していた大島礼頌氏は2014年に株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズというベンチャーキャピタルにてアソシエイトとして働き始めます。同年11月よりインフラトップを設立し、プログラミング教育事業を開始。その後2015年4月より新卒で株式会社リクルートホールディングス入社してからT戦略マーケティンググループにてマーケティングを学び、その後同事業に専念したようです。

ベンチャーキャピタルからリクルートという優良企業の経験をしてプログラミング教育事業に専念したということで、当時から期待されていたスタートアップだったようです。
株式会社InfratopのHP
http://infratop.jp

また運営会社のインフラトップは2017年4月24日にSMBCベンチャーキャピタル、ベクトル、西武しんきんキャピタル、Mistletoeを引受先とする第三者割当増資を行ったと発表しました。これにより、1.6億円の資金調達を実施し、アドバイザーにMistletoe株式会社代表取締役社長兼CEO孫泰蔵氏が就任したとのことです。また同社のHPを見ると、楽天の島田亨氏も顧問として名を連ねていて、優秀な経営陣が実績のある顧問のサポートを受けるという体制になっています。

DMM.comによって買収

2018年11月22日、DMM.comによって11月21日にインフラトップの発行済み株式の60%を取得する株式譲渡契約を結んだと発表されました。
株式の100%を取得した完全な買収でないものの、DMM.comの子会社となるため実質的な買収と言えます。DMM.comは多くのサービス開発経験がある他、英会話の事業を持っているなど教育事業においても実績があるため、WEBCAMPをさらに伸ばしていくためにはよい選択肢ではないでしょうか。

この株式譲渡契約を機にDMM.comの村中悠介COO、松本 勇気CTOの幹部2人が、新たにインフラトップの取締役に就任すると合わせて発表されました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
DMM.comによって買収されたものの、サービス自体は変わらないので興味がある方はぜひ受講してみるとよいのではないでしょうか。
より多くの方がプログラミングに触れる機会が多くなりつつありますね!それでは!