キャリア

在宅ワークでOK?フリーランスの働き方とは?

在宅ワークでOKなフリーランスの働き方

こんにちは!フリーランスエンジニアのポンです。

最近思ったんですが、インターネットの発達によって実はもう外出ってしなくてよいんじゃないかと。

そういえばあまり電話もしなくなりましたし、欲しいものがあったらアマゾンで買い物すれば家まで届けてくれますよね。

同じように仕事も全て家の中で済ませられるでは?というのは、エンジニアとしては一度は考えたことのあるテーマではないでしょうか。

今回の記事ではこの在宅ワークについて考えていきたいと思います。

フリーランスは在宅ワークだけでOK?

結論から言うと、そのようにできなくもないというのが答えになります。

 

フリーランスとして働くというのは、かなり自由度が高く、どのようにでも働くことができると思っています。とは言え、世の中では対面での打ち合わせを好む人も未だに多く、多くのプロジェクトでは呼び出されてミーティングをすることも多々あります。

もし仮に在宅だけで済ませようと思ったら、そうした対面での打ち合わせが少ない職場を選ぶことが必須になるでしょう。

仕事自体はオンラインで完結するようになってきている

ただ、多くの仕事はもう全てと言っていいほど、オンラインで完結するようになってきています。

 

ミーティング、ディスカッション、コードの共有、プロジェクト進捗管理など、どれも特に対面で行う必要がないほど、色々なツールが出てきていますよね。

 

正直個人的な意見としては、ほとんど会って仕事をするということは必要なくなってきているのではないかと思っています。

今は前述したように対面で仕事をすることを好む人がたくさんいるのは事実だと思います。これは、人間自体が会って話をすると安心する、信頼しやすいという面もあるのでは?と思っています。

しかし、これも一緒に仕事をするうちに信頼感を得ていけば、ある程度解決する問題です。同じ人物に接する回数が多くなるほど好意を持ちやすくなると現象を、心理学などは「ザイオンス効果」と呼ぶそうです。オンラインでもプロジェクトを少しずつ一緒に進めるうちに信頼関係を作ることで、実際に会わなくてもお互いに信頼して進めていくことは可能です。

 

私の友人でも日本からリモートワークでアメリカのプロジェクトに関わっているエンジニアや、沖縄に住んでいるにも関わらず東京のプロジェクトに関わっているエンジニアがいます。

こうした事例はこの10年間で大きく増えました。これからはもっとオンラインだけで仕事ができる世の中になっていくと思います。

自分のポートフォリオを作る、SNSをやる

在宅での仕事を増やそうとしたときに大切なのが、自分のポートフォリオを整備しておくということです。

特にGitや自分の経歴を書いたページを用意しておくのがよいでしょう。

 

ブログやtwitterといった情報発信に力を入れることも大切です。まだ一緒に仕事をしたことがない相手から信頼してもらうためには、こうしたところに力を入れていきましょう。

 

こうした情報発信を行う際に、自分の趣味やランチの情報などを書いてしまう人がいるのですが、これはあまりよいやり方でないと思います。あくまで自分の専門分野の情報を多くし、その領域の専門家と見られるような情報発信を心がけましょう。

これまでの仕事をしていたネットワークを利用する

これまでの職場、一緒に仕事をしたことある人、イベントなどで親しくなった先など、これまで蓄積してきたネットワークを活用することも重要です。自分のできることを明確にしたうえで、自分を必要としている場所がないかを探っていきましょう。

 

今はウェブエンジニア、アプリケーションエンジニアなど非常に多くのニーズがあるので、比較的見つかりやすいご時世と言えます。スキルにもよりますが、人月30~50万円なら比較的安いため、案件は見つかりやすくなります。

 

エンジニア市場の相場をわかったうえで、案件を探していけば仕事を見つける確率はぐっと上がってきます。

フリーランスエンジニアのエージェントを利用する

同時にフリーランス向けのエージェントを活用することも案件を見つける近道です。自分のネットワーク外から案件を見つけることができるため、エージェントを利用しているエンジニアは周りにも多くいます。

エージェントは異なる案件を持っているので、複数登録しておき条件のよいものを選ぶのがよいでしょう。どのくらい稼働できるか、希望の単価などを伝えておき、紹介を受けたものから選んでいけばオーケーです。

個人的に最近案件を受けてみてよかったなと思うものはMidworksです。週3日から入れて単価のよい案件を多数持っているので、登録しておいて損はないと思います。

Midworksの公式ページ:https://mid-works.com/

まとめ

いかがでしたでしょうか?

在宅ワークで働ける仕事はより増えてきています。

在宅ワークで働けば、通勤電車に乗らなくてよい、働きやすい環境を整えた自宅で働けるなど様々なメリットがありますね。

参考になれば幸いです。それでは!